裏ワザ!?SSDのTRIMをコマンドプロンプトからWindows標準のデフラグで実行する方法(Windows10/8.1/8)

SSDのTRIMを簡単にコマンドプロンプトから行える方法を見つけたのでメモ。

Windows標準のデフラグでTRIMができる

Intel製のSSDであればIntel SSD Toolbox,、Sumsungや大手メーカーも専用のソフトでTRIMができますが、専用ツールのないメーカーのSSDの場合、TRIMができるフリーソフトを探してこないとできないのかな?と思っていましたが、コマンドプロンプトから行える方法を見つけました。

その方法はWindows標準のデフラグ(Defrag.exe)をコマンドプロンプトから実行する方法です。

Windows 10/8.1/8であれば管理者として実行したコマンドプロンプトからTRIMの実行ができます。Windows7では実行できず、そんなコマンドスイッチはないとエラーが出ました。

TIRMを実行するコマンド

CドライブでTRIMを実行する場合の例

defrag.exe c: /L

または

defrag c: /L

たったこれだけです。 /L を付けるだけです。しかも2~3秒で終わりました。以下の画面はWindows10で実行したときのものです。

defrag.exeのヘルプを見ると、「指定したボリュームに対して再トリムを実行します。」となっています。

タスクスケジューラと組み合わせて定期実行

このコマンドのバッチファイルを作り、タスクスケジューラと組み合わせれば、専用ツールを使わなくても定期的に自動でTRIMの実行ができそうですね。

前へ

2018年10月現在、最新のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)

次へ

マルチディスプレイの「メインのみ/拡張/複製/セカンドのみ」を簡単に切り替えるコマンド