【レビュー】WD_BLACK AN1500 1TBを買ってOSブートドライブとして使ってみた

目次

古いPCでも爆速にできる最強のストレージ?!

PCIe Express 3.0世代のPCでも、PCIe Gen3 x8で接続できるスロットに挿すだけで、秒速6500MB/s (連続読込)/4100MB/s(連続書込)というPCIe 4.0世代並みのスピードを手に入れることができるストレージカード『WD_BLACK AN1500 NVMe SSD Add-in-Card(2020年10月発売)』を遂に手に入れました。発売されたのを知ってから、ずっと欲しかったんです。

1TB/2TB/4TBがラインアップとしてあるのですが、今回は1TBを購入しました。

M.2/NVMe SSDは単体でも速いのですが、PCIe Gen3 x4(転送速度 約4GB/s)の規格のSSDでは秒速3000MB/s~3500MB/s(連続読込)も出ればいい方ですが、なぜ秒速6500MB/s(連続読込)も出るかと言うと、PCIe Gen3 x8(転送速度 約8GB/s)で接続するということと、このカードの中にM.2/NVMe SSDが2枚入っていて、内部でRAID0(ストライピング)で動いているからで、これによってPCIe Gen4 x4(転送速度 約8GB/s)並みのスピードが出ています。

通常、RAID0を使おうと思ったらRAIDの設定が必要ですが、このカードに関しては設定が不要で、挿すだけで単体のドライブとして認識してくれます。

電源を入れるとこのようにLEDが光ります。

専用ソフト『Western Digital ダッシュボード』を使用して消灯したり、光るパターンを変更できます。ちなみに、今回使用しているPCの仕様は以下の通りです。かれこれ6~7年前から使用している古いPCです。

使用しているPC環境

単体のドライブとして認識

PCIe 3.0 スロットに挿し、ディスクの管理を起動してみたら、ちゃんと単体のドライブとして認識されていました。通常のRAIDカードと違って、何の設定もなくすんなり1TBのドライブとして認識しました。

BIOS/UEFIの起動ドライブの優先順位を設定する画面に表示されていたので、ブートディスク(起動ドライブ)として使えそうです。

起動後にデバイスマネージャーで認識されている様子↓

スクリーンショットを取り忘れましたが、『ディスクの管理』では1TBのハードディスクとして表示されていました。

OSを引っ越し

システムドライブとして使えそうなのが分かったので、今までのシステムドライブの内容をWD_BKACK AN1500にクローンコピーします。ツールはAcronis True Imageを使用しました。

ちなみにシステムドライブとして使用していたのは『Samsung SM961 NVMe SSD 256GB』で、そっくりそのままの内容をWD_BLACK AN1500 1TBにクローンコピーしました。時間は覚えていませんが、30分くらいでコピーが終わった気がします。

BIOS/UEFIでWD_BLACK AN1500の優先順位を変更

クローンコピーが終わったところで、旧OSドライブを取り外し、UEFIのブートオプションの設定をWD_BLACK AN1500に変更して再起動したらあっさりWindows10が起動しました。

なぜかPCIe Gen3 x4で駆動

専用ツール『Western Digital ダッシュボード』をダウンロード&インストールして実行してみると、x8で動いているだろうと思っていいたら、x4での認識になっていました。

原因はZ97チップセットの仕様

Intel Z97チップセットでは、

  • PCI Express 3.0 を 1スロット使用 → x16
  • PCI Express 3.0 を 2スロット使用 → 各スロット x8
  • PCI Express 3.0 を 3スロット使用 → 1スロット x8 + 2スロット x4

となるみたいで、全部でx16しかレーン数がないので、それを挿した分で分かち合うみたいです。そして、私の使用しているマザーボードはでは、PCI Express 3.0で接続できるスロットは、PCI Slot 2、Slot 4とUltra M.2となっていて、それぞれに以下のパーツを挿していました。

  • PCI Express 3.0 Slot 2 → x8 グラフィックカード(NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti)
  • PCI Express 3.0 Slot 4 → x4 WD_BLACK AN1500 1TB
  • Ultra M.2 Slot → x4 NVMe SSD(データ用SSD)

x8になった!

そこで、仕方なくUltra M.2 SlotのSSDを別のPCI Express 2.0で接続するスロットに移してみました。すると無事、x8になりました!

AN1500がPCIe Gen3 x8接続になったのは嬉しいのですが、Ultra M.2に挿していたPCIe Gen3仕様のSSDをあえてPCIe Gen2 x4で遅く使うことになるのは、ちょっと寂しい感じです。古いので仕方ありませんが...。

 

ベンチマーク(スピードテスト)してみた

入れ替えたシステムドライブの新旧でスピードを比較してみました。ベンチマークにはCrystalDiskMarkを使用しました。

旧システムドライブ(Samsung SM961 NVMe SSD 256GB)

PCIe Gen3 x4接続のSSD。

新システムドライブ(WD_BLACK AN1500 1TB)

公称値の『6500MB/s (連続読込)/4100MB/s(連続書込)』には届きませんでしたが、十分速いです。データ用ではなく、システムドライブとしてOSが起動している状態で使用しているからなのかもしれませんが、シーケンシャルリードが約1GB/sも遅いのは気になります。書込みはほぼ公称値どおりなので満足です。

体感速度については、Windows10やアプリケーションの起動は『少し早くなったかな?』と言った程度でしたが、Adobe Premier Proの書き出しについては『段違いに速い!』と感じました。他にも気づいていない恩恵があるかもしれません。

このストレージカードのおかげで、この古いPCは、まだまだ現役で使えそうです。

 

その他参考ページ

pcie 3.0 x8対応の光るssd「wd black an1500 nvme」が発売、リード最大6,500mb/s - akiba pc hotline!

pcie 3.0 x8対応の光るssd「wd black an1500 nvme」が発売、リード最大6,500mb/s - akiba pc hotline!

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1283218.html

「wd_black an1500 add-in-card 4tb」をレビュー。見た目も性能も価格もプレミアムなハイエンドssdを徹底検証|自作とゲームと趣味の日々

「wd_black an1500 add-in-card 4tb」をレビュー。見た目も性能も価格もプレミアムなハイエンドssdを徹底検証|自作とゲームと趣味の日々

https://jisakuhibi.jp/archives/1078120857.html

ゲームにもストレージにもぴったりな最大6500mb/秒のアドインカードssd「wd_black an1500」レビュー - gigazine

ゲームにもストレージにもぴったりな最大6500mb/秒のアドインカードssd「wd_black an1500」レビュー - gigazine

https://gigazine.net/news/20201121-wd-black-an1500/

動画編集向け!wd_black an1500レビュー。キャッシュ切れでも超高速性能を維持するスーパーssdを検証 - studio9

動画編集向け!wd_black an1500レビュー。キャッシュ切れでも超高速性能を維持するスーパーssdを検証 - studio9

https://photo-studio9.com/wd_black-an1500/

review: wd black an1500 nvme ssd (2tb) - storage - hexus.net

review: wd black an1500 nvme ssd (2tb) - storage - hexus.net

https://hexus.net/tech/reviews/storage/147162-wd-black-an1500-nvme-ssd-2tb/

前へ

iTunesでiOSアプリのURLスキームを調べる方法

次へ

【FortiClient】オフラインインストーラダウンロードについて