Windows10のスタートメニューで他のアカウントの表示・選択ができないようにする

複数のユーザーが共同で使う法人向けのWindows 10 のPCで、スタートメニューにユーザー(アカウント)を表示させたくないときの設定方法をメモ。

注意事項

この設定はスタートメニューでのアカウントを非表示にするだけではなく、サインイン画面でも標準ユーザーアカウント名は見えなくなりますのでご注意ください。

ユーザー名とパスワードを入力してサインインする方法にしたい場合は以下のページを参考にしてください。

ローカルグループポリシーで無効化する方法

ローカルグループポリシーは Windows 10 Pro 以上で使用可能です。Windows 10 Home の場合はレジストリの変更で設定できます。

Windows + Rgpedit.msc と打って Enter を押して「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。

[コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[システム]-[ログオン] を開きます。

「ユーザーの簡易切り替えのエントリポイントを非表示にする」をダブルクリックして、[有効] を選択して [OK] を押して閉じ、再起動します。

レジストリで無効にする場合

上記のローカルセキュリティポリシーで設定したことをレジストリでも設定できます。以下のコマンドをコマンドプロンプト(管理者として実行)から実行すれば簡単に設定できます。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System" /v
"HideFastUserSwitching" /t REG_DWORD /d "1" /f

バッチファイルの例

@echo off
echo.
echo =========================================
echo ユーザーの簡易切り替えを非表示にします。
echo =========================================
echo.
pause
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System" /v "HideFastUserSwitching" /t REG_DWORD /d "1" /f
echo.
echo 終了しました。
echo.
pause
exit

再起動すると

上記の設定が終わり、再起動を行ったときは以下のようになっているはずです。

参考ページ

前へ

Cortana(コルタナ)を無効にしてWindows Searchを有効のままにするグループポリシーとレジストリ

次へ

Movable TypeのトラックバックやPing更新通知の送信時に500エラーとなるときに試すこと