Windowsログオン時のユーザー名とパスワードの入力画面を有効・無効にする設定とレジストリ

Windowsパソコンに電源を入れて起動したとき、ログオンするユーザーの選択画面がありますが、デフォルトではユーザー名が表示されたアイコンを選択するようになっていますが、設定を変えればユーザー名を入力してからログオンする方法に変更することができます。その画面の設定方法をメモ。

この方法はWindows 10/8.1/8/7で共通です。

Windows 7のログオン画面

ユーザー名を表示する場合

ユーザー名を表示しない場合

GUIで設定する場合はローカルセキュリティポリシーから

GUIで設定する場合、ローカルセキュリティポリシーは[コントロールパネル]-[管理ツール]から開けます。

設定は[ローカル セキュリティ ポリシー]-[セキュリティの設定]-[ローカルポリシー]-[セキュリティ オプション]にある[対話型ログオン: 最後のユーザー名を表示しない]を開いて[有効]か[無効]かを選択します。

有効と無効の違いは以下の通りです。

無効 ユーザー名を表示する場合で、表示されたユーザー名とアイコンを選択してログオンします。(既定)
有効 ユーザー名を表示しない場合で、ユーザー名とパスワードを入力してログオンします。

レジストリ

レジストリからGUIと同じ設定を行うことができます。

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
値の名前 dontdisplaylastusername
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効(既定)
1 → 有効

コマンド

コマンドプロンプトやバッチファイルからレジストリの設定を行う場合のコマンドは以下となります。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System" /v "dontdisplaylastusername" /t REG_DWORD /d "1" /f

値を"1"にして有効にする場合のコマンドですが、 元の既定に戻したい場合は値を"0"にします。

前へ

Windowsの自動ログオンをレジストリで設定する

次へ

Windowsログオン時のCtrl+Alt+Delを有効・無効にする設定とレジストリ