【DISMコマンド】WinSxSフォルダーのクリーンアップで余計なコンポーネントを削除

目次

OSの不調を改善するコマンドがコケるので

「スタートメニューが表示されなくなった」「Internet Exploerが起動しなくなった」など、Windows10の調子が悪くなったで、以下のコマンドで修復を試みましたがエラーになりました。大概これで直るのですが...。

dism.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

修復に必要なイメージが見当たらないという旨の0x800f081fエラーが出て失敗したのですが、これを解決するにはWindows10インストールメディアのsources\install.esdからInstall.wimを抽出してWindowsを修復する必要があるのですが、ちょっと面倒です。

その面倒なinstall.wim抽出方法の参考

不要なコンポーネント削除でエラー回避できるかも?

以下のページで見つけたのですが、

dism /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase

で不要なコンポーネントを削除するという方法で、コンポーネントストアC:\Windows\WinSxSフォルダは、WindowsUpdateなどでコンポーネント更新に使用されるもので、以前のバージョンの古いコンポーネントは、必要に応じてロールバックできるように、一定の期間システムに保持されまするそうです。 かなり大きな容量になっていることが多いようです。必要のない 古いコンポーネントは削除することができ、これを行うことで、ドライブの空き容量を増やすことができます。また/Restorehealthが失敗することを防げるかも?といったコマンドです。

コマンドの例

コンポーネントストアWinSxSの状態を確認

dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore

dism.exe /Online /Cleanup-Image /AnalyzeComponentStore

更新済みコンポーネントを除く古いコンポーネントをすべて削除

dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup

dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup

古いコンポーネントをすべて削除

dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase

dism.exe /Online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup /ResetBase

Service Packのインストール中に作成されたバックアップファイルを削除

dism.exe /Online /Cleanup-Image /SPSuperseded
コンポーネント削除するdismコマンドの参考ページ

上記のことをWinPE環境から行うときの参考ページ

過去にもこれと同じことをWindowsPE環境で行ったことがありました。そのときのことをまとめたページが以下です。

前へ

Amazon Fire TV StickにWi-Fiの登録に失敗するとき