Windows PE/REのコマンドプロンプトからシステム回復オプションやスタートアップ修復等を起動する

Windowsが正常に起動しなくなったとき、Windowsのインストールメディアや、システム修復ディスク、回復ドライブなどからWindows PEを起動して、システム回復オプションのメニューからスタートアップ修復を行いますが、Windows ServerのWindows PEなど、システム回復オプションのメニューが出ない状態からスタートアップ修復をコマンドで呼び出す方法を見つけたのでメモ。

例えば、ディスクのクローンを作ったり、パーテーション操作でよく使っているEaseUS Todo BackupEaseUS Partition MasterにWindows PEベースのブータブルディスクを作成する機能があります。これでコンピューターを起動した際、コマンドプロンプトが使えますが、ここを入口にシステム回復オプションのメニューを呼び出したり、スタートアップ修復をしたりといろいろできます。

コマンドプロンプトの起動

コマンドプロンプトを起動するメニューが出ていなくても、以下のショートカットキーでWindows PEまたはWindows REが起動していれば、コマンドプロンプトを起動させることができます。

Shift + F10

コマンドプロンプトが起動しないとき

Shift + F10を押してもコマンドプロンプトが起動しないときは、何でもいいので表示されているダイアログ内の一部をクリックしてから再度Shift + F10を押してみてください。

(Windows 7のインストールディスクで起動したときのスクリーンショット)

「システム回復オプション」のメニューを起動

以下のコマンドを実行すると、「システム回復オプション」の「キーボード入力方式」の選択画面が現れ、進んで行くと以下のメニューに辿り着けます。

X:\sources\recovery\RecEnv.exe

以下のスクリーンショットはWindows 10にインストールしたEaseUS Todo Backupから作成したWindows PEベースのブータブルメディアのコマンドプロンプトから起動した画面です。

この画面から、EaseUS Todo Backupのメインメニューに戻るときはAlt + Tabで画面を切り替えれば戻れます。

スタートアップ修復を実行

以下を実行するといきなりスタートアップ修復が始まります。

X:\sources\recovery\StartRep.exe

Windows 7のPEの場合

Windows 10のPEの場合

MBRの修復コマンド

定番のコマンドです。

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /rebuildbcd

このコマンド実行後は必ずスタートアップ修復を行ってください。

その他のブート修復コマンドの参考

エクスプローラーを使いたいときはメモ帳を起動

Windows PEではエクスプローラーが使えませんので、替わりにメモ帳からファイルを開くダイアログをエクスプローラー替わりに使用します。ファイルの種類は[すべてのファイル]にしないとテキストファイル以外のファイルが見えないのでご注意ください。

メモ帳の起動

notepad

ファイルのカット・コピー・ペースト

メモ帳をコマンドプロンプトから複数起動させ、それぞれのメモ帳のファイルを開くダイアログを同時に開き、エクスプローラーでファイルを操作するように、ダイアログ間でファイルのドラッグアンドドロップができたり、ファイルのカット・コピー・ペーストもできます。

コマンドでDIRTREEでファイルを探したり、MOVEXCOPYROBOCOPYでファイルの移動やコピーは面倒なので、この方法は便利です。

ただし、ローカルのHDDやSSDのファイル・フォルダは見えないので、使い道は限られます。

レジストリエディタ

regedit

USBなどで外部接続した修復したいHDDの中にあるレジストリの値を確認したり変更したする場合、レジストリエディタで読込をするのですが、その場所は以下のディレクトリになります。

C:\Windows\System32\config

ここにあるSYSTEMSOFTWAREというファイルをレジストリエディタの[ファイル]-[ハイブの読み込み]からHKEY_LOCAL_MACHINEを選択した状態で読込ます。値の修正や変更が終わったら[ハイブのアンロード]を忘れずに。

アプリケーションの終了

アクティブになっているアプリケーションを終了させるショートカットキーです。

Alt + F4

タスクマネージャーから終了させることもできます。タスクマネージャーを起動させるコマンドは以下です。

x:\Windows\System32\taskmgr.exe

その他思いつく使いそうなやつ

名称 実行パス/コマンド 用途
チェックディスク chkdsk ディスクの修復等
ディスクパート diskpart ペーテーション操作
ディスクの管理 X:Windows\System32\diskmgmt.msc ドライブやディスクの管理コンソール
ドライバロード drvload INFファイルを指定してドライバの追加
シャットダウン wpeutil shutdown  
再起動 wpeutil reboot  
タスクマネージャー taskmgr  

コマンド一覧の参考

まとめ

もっと便利にエクスプローラーが使えたり、アプリケーションを組み込んだWindows PEを作ることができるWinBuilder、BartPE、Aomei PE Builderとかもありますが、とりあえず最小限の環境でなんとかしたいときに覚えておきたいと思います。