ローレベルフォーマットができるWindowsのコマンド「DISKPART」

目次

DISKPARTでハードディスクの中身をきれいさっぱり消す

ハードディスクやSSDにオール0を書き込んでデータをきれいさっぱり消すDISKPARTコマンドを簡単にメモ。

セキュアイレースと同じか違うのかよくわかりませんが、物理フォーマット(Low Level Format)をかけてパーテーションもろともすべて消してくれます。

SDカードやUSBメモリもできるかも。

DISKPARTは特に何かインストールしなくてもWindowsの標準の機能でコマンドプロンプトから実行できます。

DISKPARTの使い方

コマンドプロンプトを起動して「diskpart」と打ってEnterを押して使います。

> list disk

でドライブの番号を確認。

> select disk=0

ローレベルフォーマットをかけたいディスクを指定。

ここを間違うとうっかり大事なデータが入ったドライブを消してしますので、よく対象のドライブかどうか確認してください。

> clean all

これで何の画面遷移や状態表示もなしにディスクのアクセスランプが激しく点滅し、00の書き込みが始まります。

コマンドプロンプトのカーソルが点滅し、コマンドが入力ができるようになったらそれが完了の合図です。

その他の機能や参考ページ

DISKPARTはダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することもできます。

もうちょっと詳しく書いてあるのはこちら↓

前へ

Javaをコマンドラインから余計なオプションなしでサイレントインストール

次へ

Javaの余計なオプションを構成ファイルで無効にしてインストールする方法