ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するコマンド

目次

ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したい

Windowsをクリーンインストールする際に、HDDがダイナミックディスクでインストール先のディスクとして選択できず困ったのでメモ。

インストールするときのコンピュータの修復のコマンドプロンプトを起動し、DISKPARTというコマンドでダイナミックディスクベーシックディスクに変換できます。データを保持したまま変換はできず、変換時はデータがすべて消えます。データを消さずに変換する場合はEaseUS Partition Masterなど、パーテーション操作をするソフトを使う必要があります。

DISKPARTはWindowsの「ディスクの管理」のコマンド版みたいなものです。どのバージョンのWindowsにもある標準機能で ローレベルフォーマットもできるみたいです。

DISKPARTのコマンド例

DISKPARTを呼び出す

DIKSPARTはコマンドプロンプトでdiskpartと打ってEnterを押してから始めます。

diskpart

ディスク番号の確認

ベーシックディスクに変換したいドライブのディスク番号を確認します。

list diskpart

操作するディスクを指定

ディスク(ドライブ)番号が0だった場合、以下となります。

select disk 0

ディスクの詳細を確認

detail disk

ボリューム番号を確認

list volume

操作するボリュームの指定

操作したいボリューム番号が0だった場合、以下となります。

select volume=0

を日本語キーボードで入力できないときはの右隣のを打つ

ボリュームの削除

delete volume

ボリュームをベーシックディスクに変換

convert basic

※変換時にデータが消えるので注意してください。

ローレベルフォーマット

全領域に00を書き込みます。ディスクの容量によっては数時間かかります。
clean all

警告なくいきなり書き込みが始まります。パーテーションを削除する初期化だけならclear使う。

リファレンス参考

change a dynamic disk back to a basic disk: storage services; local file systems | microsoft docs

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc776315(v=ws.10).aspx

前へ

ネットワークドライブに再接続できませんでしたの対処-その2

次へ

Windows Updateのエラー 8007000Eの対処はKB3138612で解決(Windows7)