Javaをコマンドラインから余計なオプションなしでサイレントインストール

目次

Javaのサイレントインストールとは

通常、Java Runtime Environment(JRE)をインストールするときはセットアップファイルをダブルクリックしてメニューに従いインストールをしますが、サイレントインストールはサイレントと言う名の通り、何もインストール画面を出さずに静かにインストールを行う方法で、コマンドプロンプトからコマンドで実行します。

なぜサイレントインストールする?

GUIでインストールするとIEの検索ツールバーとか余計なオプションやアプリケーションも一緒にインストールさせられることがあります。サイレントインストールを行えば、そういった余計なオプションのインストールを防ぐことができ、また画面操作なくフルオートでインストールする無人セットアップができます。ただし、サイレントインストールを開始すると、インストールが始まっているのか?インストールが完了しているのか?インストール状況が見えません。

コマンドの例

サイレントインストールのコマンド

例えば、Version 8 Update 101(JavaSetup8u101.exe)をCドライブにダウンロードしたとしたら、以下のようにファイルパスの後ろに" /s"と付けてコマンドプロンプトで打つだけでOK。

C:\JavaSetup8u101.exe /s

同時に古いバージョンのJREを削除するコマンド

バージョンの古いJREがすでにインストールされている場合、/s だけ付けてインストールした場合、古いバージョンを残しつつ、新しいバージョンが追加インストールされてしまうので、インストールと同時に古いバージョンを削除する場合はREMOVEOUTOFDATEJRES=1を付けます。

C:\JavaSetup8u101.exe /s REMOVEOUTOFDATEJRES=1

次回アップデート時に余計なツールバーやアプリをインストールさせないスイッチ

更にSPONSORS=0を加えると、新しいバージョンのJavaにアップデートする際、GUIでインストールしても余計なツールバーとかの案内が出てこなくすり設定を加えることができます。この設定はイントール後にコントロールパネルから行うこともできます。

SPONSORS=0を加えてインストールした場合、コントロールパネル内の「Javaのコントロールパネル」の[詳細]の一番下にある「Javaのインストールまたは更新時にスポンサーのオファーを表示しない」にチェックが入っているはずです。

C:\JavaSetup8u101.exe /s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1

他にも使えるオプションの参考ページ

バッチファイルの例

ちなみに、何台もセットアップするときに楽になるバッチファイルはこれ。

これはJavaのインストーラーと同じ階層で使うことを前提にした例です。

@echo off

echo.
echo =========================================================
echo Java Runtime Environmentのサイレントインストールをします。
echo =========================================================
echo.

pause

rem ----- 環境変数 -----
set PARAMETER=JavaSetup8u101.exe

rem ----- インストール -----
"%~dp0%PARAMETER%" /s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1

rem ----- バージョンの確認ページを開く -----
start https://java.com/ja/download/installed8.jsp

pause

exit

テキストエディタに上記のコードを貼り付け、『Javaインストール.bat』とか名前を付けて保存し、右クリック「管理者として実行」します。

オフライン版のインストーラーを使用する場合も同じく、ファイルパスの後ろに" /s"を付けるだけです。

インストーラーのダウンロードページ

以下のページより最新版のインストーラーをダウンロードできます。オンライン版とオフライン版をダウンロードできます。

その他のインストール方法

構成ファイルを使用してインストールする方法もあります。

前へ

Googleフォトにある写真や動画をパソコンに一括でまとめてダウンロードする方法

次へ

ローレベルフォーマットができるWindowsのコマンド「DISKPART」