【Windows11】TPM2.0やCPUのチェックを回避して古いPCにインストールする方法

目次

古いPCにWindows11をインストールしたい

Windows11をインストールするには、以下の条件が必要ですが、そんな制限関係なくレジストリをいじることでインストールできる方法があったのでメモ。

Windows11の動作要件

  • TPM2.0
  • SecureBoot
  • Intel 第8世代Coreプロセッサ以降
  • AMD第2世代Ryzen以降
  • その他、メモリやグラフィックカードなど

チェックを回避するレジストリ

Windows10などOSからアップグレードするとき

インストール前にアップグレード前のOS上で、以下のレジストリを登録することで、チェック回避してインストールを実行することができるようです。ただし、マイクロソフトの公式ページを見ると、TPM2.0のチェック回避はできてもTPM1.2は必要だそうです。

マイクロソフト公式ページ

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup]
"AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU"=dword:00000001

参考サイト

tpm 2.0 / cpuチェックを回避してwindows10からwindows11へとアップグレードする方法 [update 1] | ニッチなpcゲーマーの環境構築z

tpm 2.0 / cpuチェックを回避してwindows10からwindows11へとアップグレードする方法 [update 1] | ニッチなpcゲーマーの環境構築z

https://www.nichepcgamer.com/archives/how-to-upgrade-from-windows10-to-windows11-by-bypassing-tpm20-and-cpu-check.html

クリーンインストールするとき

インストール途中で以下のレジストリを登録することで、TPMやセキュアブート、メモリ、ストレージ、CPUなどのチェックを回避してインストールを実行することができるようです。

具体的な作業をざっくりと説明

  1. インストール開始の画面で、インストールを開始する前にShift+F10押してコマンドプロンプトを起動。
  2. regeditと入力し、Enterを押してレジストリエディターを起動。
  3. 以下のレジストリを登録。
  4. レジストリエディタを閉じて、インストールを開始。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig]
"BypassTPMCheck"=dword:00000001
"BypassSecureBootCheck"=dword:00000001
"BypassRAMCheck"=dword:00000001
"BypassStorageCheck"=dword:00000001
"BypassCPUCheck"=dword:00000001

参考サイト

【自己責任】windows11のインストールusbを作成してtpm非対応のpcに新規インストールする手順(tpm認証回避) - サムライ コンピューター

【自己責任】windows11のインストールusbを作成してtpm非対応のpcに新規インストールする手順(tpm認証回避) - サムライ コンピューター

https://samurai-computer.com/how-to-bypass-tpm-and-windows11-install/

tpm 2.0やsecurebootのチェックを回避して要件を満たしていないpcにwindows 11をインストールする方法 – あの角を曲がれば、かぼしー

tpm 2.0やsecurebootのチェックを回避して要件を満たしていないpcにwindows 11をインストールする方法 – あの角を曲がれば、かぼしー

https://blog.kabocy.com/repair-custom/2592/

windows 11 tpm 2.0の要件を無視してアップグレード・インストールする方法。 - wpteq

windows 11 tpm 2.0の要件を無視してアップグレード・インストールする方法。 - wpteq

https://wpteq.org/windows/post-71588/

前へ

【2021年10月】PCIe4.0x4で最速・爆速7000MB/sのM.2 NVMe SSDのメモ