Windows11プレビュー版のISOイメージダウンロードと新規インストールする方法

目次

Microsoftは2021年6月25日にWindows10の後継にあたる最新OS「Windows 11」を発表しました。発売日は2021年10月5日で、同日に既存のWindows 10マシンに対するWindows 11への無償アップグレードが始まり、Windows 11搭載マシンも発売されるそうです。

ここでは、来るWindows11の発売に備え、Windows11プレビュー版新規インストールするための方法をメモしています。Windows10からのアップデートにも使えます。

Windows11のインストールに必要な準備

Windows11をインストールするには以下の準備が必要です。

  • PCの環境チェック
  • ISOイメージのダウンロード
  • インストールメディアを作成

Windows11のシステム要件

Windows 10からWindows 11へのアップデートは無償で行うことができます。ただし、アップデートするPCは以下のシステム要件を満たしている必要があります。

CPU(プロセッサ) 1GHz、デュアルコア以上の64bitプロセッサ
メモリ 4 GB RAM
ストレージ 64 GB 以上の記憶装置
グラフィックス カード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ 9インチ以上、HD解像度 (720p)
システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
インターネット接続 Windows 11 Home Edition のセットアップには Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です。

詳しいシステム要件

インストールできる環境かチェックする方法2つ

Windows11のTPM2.0対応のマザーボードや比較的新しめのCPUが必要です。その環境が揃っていないとイントールできないので、ISOファイルからインストールする前に、インストールが可能かどうか確認してください。

『PC正常性チェック』アプリ

マイクロソフト純正のチェックアプリです。

いろいろ不具合や要件が変動することもあって、投稿時点の現在は『準備中』で使用できない状況になっています。

PC正常性チェックアプリのダウンロードページ

2021/09/21時点からダウンロード再開されていました。

マイクロソフトPC正常性チェックアプリダウンロード画面

『PC正常性チェックアプリ』(WindowsPCHealthCheckSetup.msi)をダウンロードして、インストール&実行すると以下の画面が表示されます。

マイクロソフトPC正常性チェックアプリ画面

すると、結果が表示されます。ちなみに残念な結果...。

マイクロソフトPC正常性チェックアプリ画面

フリーソフトを使用する方法

これが一番簡単です。インストール不要で使えるフリーソフト『WhyNotWin11』。起動するだけで自動的に調査が始まり、ハードウェアの互換性に関する結果が表示されます。

ダウンロードリンク

私の環境では残念ながらインストールできない状況でした。ショックです...。もう、随分と古いパソコンなので買い替え時か...。

WhyNotWin11によるWindows11対応チェック

Windows11のISOをダウンロードする方法

この記事を投稿した現時点では、Windows11はまだ発売されていないため、ダウンロードできるのはWindows Insider Preview版となります。

Windows Insider Programのページからダウンロード

以下のマイクロソフトのページより、Windows 11 Insider PreviewのISOファイルをダウンロードすることができます。MicrosoftアカウントでWindows Insider Programに参加することが必要となります。

画面中央辺りのプルダウンリストからエディションを選択。

Windows 11 Insider PreviewのISOファイルをダウンロードするページ

[Confirm]ボタンをクリックすると言語選択画面に進みます。

Windows 11 Insider PreviewのISOファイルをダウンロードするページ

[Confirm]ボタンをクリックするとダウンロードの画面に進みます。

Windows 11 Insider PreviewのISOファイルをダウンロードするページ

[64-bit Download]ボタンが表示されるので、クリックするとダウンロードが始まります。

Windows 11 Insider PreviewのISOファイルをダウンロードするページ

フリーソフトでダウンロードする方法

これが一番簡単です。インストール不要のフリーソフト『Microsoft Windows and Office ISO Download Tool』メニューに沿って操作するだけで、Microsoftから直接ダウンロードできます。

Insider Previewをダウンロードするためには、マイクロソフトアカウントでサインインが必要です。サインインしないとダウンロードエラーになりまます。

Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

使用方法の参考記事

ISOイメージからインストールメディアを作成する方法

ISOイメージをダウンロードしたら、インストールメディアを作成します。DVD-R か、USBメモリを使用するかなどありますが、USBメモリを使ってインストールメディアを作成する方法が一番簡単かと思います。

フリーソフト『Rufus』(ルーファス)を使う

これを使えば簡単にブータブルメディアが作成できます。インストールも不要で、USBメモリの選択とISOファイルを選択してスタートするだけです。

使用例

ダウンロードしたWindows11 Insider PreviewのISOファイルを選択して、インストール用のブータブルUSBメモリを作成するときの例です。[選択]ボタンを押してISOファイルを指定します。

Rufus

Winodws10/8.1/7であれば、Rufasから直接ISOをダウンロードして、そのままブータブルUSBを作成することも可能です。

Rufus

恐らく、Windows11の発売後は、Windows11のISOも選択できるようになると思われます。

Rufus

使い方についての関連ページ

Windows11プレビュー版をインストールしてみた

作成したブータブルUSBメモリで仮想PCを起動したみたところ、インストール画面が表示されました。画面の指示に従ってインストール作業を進めてみたところ、インストールできました。

Windows11インストール画面

プレビュー版だからかもしれませんが、システム要件に適合していない仮想PCなのにインストールできました。

Windows11デスクトップ

以上。

前へ

新型コロナウィルスから体を守るワクチンの動画や本とサプリについてメモ

次へ

容量不足でiTunesの復元ができない!iPhoneを強制的に初期化する方法