【解決!】Windows10のスタートメニューが重大なエラーで表示できないときの復活方法の候補

目次

スタートメニューが表示できなくなった

Windows10をv1803→v1903にアップグレードしたら、スタートメニューが表示できなくなりました。合わせて印刷もできなくなりました。アップグレードは自ら実行した訳ではなく。Windows Updateで勝手にアップグレードされました。その直後からスタートメニューを表示しようとしたら以下のようなエラー画面が出るようになりました。

重大なエラー
[スタート]メニューが動作していません。次回のサインイン時に修正を試みます。

何度再起動してもダメでした。しかも、Edgeも起動しなくなりました。

KB4517389を削除したらとりあえず直った

アップグレード後にインストールされていた2019/10/08(米国日付)で配信のWindows10 v1903用更新プログラムKB4517389を削除してみたところ。スタートメニューが復活しました。Edgeも起動できるようになりました。

再度、手動でKB4517389を適用すると症状が再発しました。ネット上の書き込みで何度か再起動したら直ったみたいなのを見ましたが、KB4517389が入っている状態では100%症状が出てしまいますので、同じような症状でお困りの方は、とりあえず直近で適用された更新プログラムを削除して再起動してみてください。

※2019/10/13追記 別の方法で直りました。その方法はページの最下部あたりに記載しています。

解決したとはいえ納得がいかない

とりあえず解決できたとはいえ、納得がいきません。このまま次月以降の更新プログラムが適用されたら、また再発するんじゃないかと思います。次月以降の更新プログラムで直れば安心なのですが、同じ更新プログラムを適用しているのにスタートメニューが正常なPCがたくさんあり、同じメーカー・型番の1台だけがそうなるのかと考えると何か引っかかります。

どうやら更新プログラムが問題ではないらしい

「更新プログラムを削除すると直るからそれが原因じゃないの?」と思いましたが、以下のページを見ると別の原因があるみたいです。

根本的な解決策を探してみた

ネット上で「確実にこれで直せる」という決まった方法は見つけれせんでしたが、とりあえずこれで直ったとういうのをメモ。今度試してみようと思います。

テーマの変更やUsrclass.datを削除したら直るという方法

以下のページでは、Usrclass.datを削除することで多くユーザーが解決しているとあります。Usrclass.datファイル内で問題が発生していて、Usrclass.datをバックアップし、削除するという方法で直るらしいです。

グラフィックカードのドライバーの更新で直るという方法

以下のページではNVIDIA GeForceのドライバーを更新したら直ったとありました。問題のPCにはグラフィックカードを挿していませんが、Intel HD Graphicsのドライバーがあるので更新を試してみたいと思います。

Dsimコマンド&新規ユーザー作成で直るという方法

dism /online /cleanup-image /restorehealth
sfc /scannow

PowershellのGet-AppXPackageコマンドレットで直るという方法

Powershellで以下のコマンドレットを実行してUWPアプリの再構築するコマンドで直るらしいです。

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}  

ストアアプリをリセットしたら直るという方法

ストアアプリはEdgeがベースらしいです。スタートメニューと合わせてEdgeが起動しないというのは合点がいきます。

レジストリの変更で直るという方法

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ ImmersiveShell\Launcher" /v UseExperience /t REG_DWORD /d 0 /f

直りました!(2019/10/13追記) 

コマンドプロンプト(管理者)で以下4行のコマンドを貼り付けて実行し、再起動したら無事スタートメニューが復活しました。問題の更新プログラムをインストールしても再発しませんでした。

dism /online /cleanup-image /restorehealth
sfc /scannow
powershell
Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

一度にコピペして実行してしまったので、どのコマンドが直してくれたのわかりませんが、解決できてよかったです。

修正用のKB4522355で解決できるようになった(2019/10/27追記)

以下のページによると、Windows 10 v1903環境でアップデート後に画面が真っ暗になったり、スタートメニューが表示されなくなる不具合は2019/10/25に配信されたKB4522355で直るかもしれません。

KB番号 更新プログラム名 Windows Updateカタログ 64bit用 32bit用
KB4522355 2019-10 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4522355) 検索結果 ダウンロード ダウンロード

前へ

2019年10月 第2回目 Windows Update 月例ロールアップの一覧とダウンロードリンク(Windows10/8.1/7)

次へ

Windows10のバージョン/OSビルド番号/アップデート名称の一覧