Windows 10 April 2018 でNASに接続できないエラーが出るとき

Windows 10 April 2018 (1803) をPCからNASに接続できないときの解決方法をメモ。

社内の他のPCはNASに接続できているのに...

社内の Windows 10 のPCがWindows Updateにより、Fall Creators Update(1709)からApril 2018 Update(1803)にアップデートされた途端にログオン中にエラーが出るようになったため、クリーンインストールを行いました。クリーンインストールはApril 2018 Update(1803)のインストールメディアを使用しました。必要なドライバやアプリケーションをインストールし、設定は順調に行えていたのですが、最後の最後にNASにアクセスを拒否されるエラーに直面しました。

社内の他の Windows 7/8/8.1/10 のPCは接続できているのに、何故かクリーンインストールした Windows 10 April 2018 Update(1803) のPCだけがつながりません。資格情報やNASの管理画面でアクセス権を設定しなおしてもダメでした。

原因は 「SMB 1.0/CIFS クライアント」 の無効化

Windows 10 April 2018 Update(1803) をクリーンインストールすると、「SMB 1.0/CIFS クライアント」 がデフォルトで無効になっているようで、有効にしないと接続ができないみたいです。Windowsのファイル共有プロトコル の SMB Server Message Block の略で、現在、SMBv2、SMBv3がある中、SMBv1は脆弱性があることから Windows 10 April 2018 Update(1803) から無効化することなったようで、それにより初期バージョンv1しか使えない古い製品のNASだった場合、接続できなくなるようです。

SMBv1 を有効にすれば接続できた

GUIで有効にする場合

[Windows システムツール]-[コントロールパネル]-[プログラムと機能]-[Windowsの機能の有効化または無効化] を開きます。

そして、「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート」 をクリックしてメニューを展開し、「SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れて 「OK」 を押せば有効になります。

レジストリで設定したい場合

以下のページに 「SMB 1.0/CIFS クライアント」有効/無効をレジストリで設定する方法がありました。

レジストリで有効にするコマンド例

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters /v SMB1 /t REG_DWORD /d 1 /f

NASのファームをアップデートが必要かも

脆弱性があることからSMBv1は使わない方がいいので、NASのファームウェアをバージョンアップすることでSMBv2、SMBv3が使えるようになるのであれば、ファームウェアを更新し「SMB 1.0/CIFS クライアント」は無効にしたほうがいいかもしれません。

その他参考ページ

前へ

2018年6月現在、最新のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)

次へ

OneDriveの無効化(オフ)をグループポリシーとレジストリで設定する方法