OneDriveの無効化(オフ)をグループポリシーとレジストリで設定する方法

法人向けのWindows 10 のPCなど、OneDrive を無効化したセッティングしたいときのメモ。

まずOneDriveを強制終了

無効化する前に、OneDrive のプロセスを終了させておきます。コマンドプロンプト(管理者として実行)を起動し、以下のコマンドで強制終了させます。

taskkill /f /im OneDrive.exe

OneDriveを無効にする

ローカルグループポリシーで無効にする場合

ローカルグループポリシーは Windows 10 Pro 以上で使用可能です。Windows 10 Home の場合はレジストリの変更で設定できます。

Windows + Rgpedit.msc と打って Enter を押して「ローカルグループポリシーエディター」を起動します。

[コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[OneDrive] を開きます。

「OneDriveファイルを記憶域として使用できないようにする」をダブルクリックして、[有効] を選択して [OK] を押して閉じ、再起動します。

レジストリで無効にする場合

上記のローカルセキュリティポリシーで設定したことをレジストリでも設定できます。以下のコマンドをコマンドプロンプト(管理者として実行)から実行すれば簡単に設定できます。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\OneDrive" /v "DisableFileSyncNGSC" /t REG_DWORD /d "1" /f

「OneDriveファイルを記憶域として使用できないようにする」が未設定の時 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\OneDrive は存在していませんので、レジストリエディタでこのキーと値を手動で追加する必要があります。

エクスプローラのサイドバーからショートカット削除したいとき

マイコンピュータを開いたときなど、エクスプローラのサイドバーに OneDrive のショートカットがありますが、以下のコマンドでレジストリをいじって削除することができます。

reg add "HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}" /v "System.IsPinnedToNameSpaceTree" /t REG_DWORD /d "0" /f

OneDrive をアンインストールしたいとき

無効化だけではなく、OneDrive 自体を Windows から削除したい場合のアンインストールコマンドです。

%SystemRoot%\SysWOW64\OneDriveSetup.exe /uninstall

これらすべてを行うバッチ例

@echo off
echo.
echo =========================================
echo OneDriveを無効化します。
echo =========================================
echo.
pause
rem OneDriveのタスクを終了します。
taskkill /f /im OneDrive.exe
rem OneDriveを無効にします。
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\OneDrive" /v "DisableFileSyncNGSC" /t REG_DWORD /d "1" /f
rem OneDriveのショートカットをサイドバーから削除します。
reg add "HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}" /v "System.IsPinnedToNameSpaceTree" /t REG_DWORD /d "0" /f
rem OneDriveをアンインストールします。
%SystemRoot%\SysWOW64\OneDriveSetup.exe /uninstall
echo.
echo 終了しました。
echo.
pause
exit

参考ページ

前へ

Windows 10 April 2018 でNASに接続できないエラーが出るとき

次へ

Cortana(コルタナ)を無効にしてWindows Searchを有効のままにするグループポリシーとレジストリ