UltraVNC Viewerの遠隔操作を高速化できるミラードライバー(Mirror Driver)

目次

UltraVNCを使ってリモートコンピューターを遠隔操作していてヌルヌルモサモサして「遅いな~」と感じたら、Mirror Driverを操作される側のコンピューターにインストールしてみてください。劇的に描画が速くサクサク操作できるようになります。

※最近のUltraVNCのバージョンによっては、Windows8以降ミラードライバーは不要になっています。詳しくはページ下部を参照ください。(2020/06/16追記)

リモートコンピューターの画面出力をソフトウェアで処理するのではなく、ハードウェア処理してくれるっぽいです。

ダウンロードページ

Mirror DriverUltraVNCホームページの以下のどちらかよりダウンロードできます。

ページ中間あたりに「Download MD SDK」というダウンロードリンクがあります。

直リンク

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍するとdriverフォルダにOS別のフォルダがあるので、その中のファイルを使ってインストールします。

Windows7以上のOSはVista用のドライバーを使います。

install.batを右クリックして「管理者として実行」するとインストールできます。

  ↓

インストールが完了するとデバイスマネージャーディスプレイアダプター「mv video hook driver2」または「mv2」が表示されます。インストール後は再起動してください。

うまくインストールできないとき

もし、上記のやり方でダメなら[コントロールパネル]-[デバイスマネージャー]を開き、ディスプレイアダプターを選択した状態から[操作]-[レガシーハードウェアの追加]を選び、ドライバーファイルを指定してインストールしてみてください。むしろこちらの方が確実です。

UltraVNC側の設定

ミラードライバーを入れただけでは速くなりません。操作される側のPCにインストールされたVNCサーバーの設定が必要です。

タスクバーからアイコンを右クリックしてUltraVNCのサーバーの管理画面(Properties)を開きます。

「Check the Mirror Driver」ボタンを押してドライバーの状態を確認します。

この画面↓が出たら再起動してから再度ドライバーをインストールまたはチェックボタンを押してください。

この画面が↓出たらドライバーを有効にできます。

そして、Mirror Driverにチェックを入れれば完了です。

これで、サクサク遠隔操作できるようになりました。

MirrorDriverはもういらない?!

(2020/06/16追記)Windows10/8.1/8以降はMirrorDriverの代わりとなるDesktop Duplication Engine(DDE)という機能が使われるようになっているみたいです。久々にUltraVNCをWindows10にインストールする機会があり、バージョン1.2.2.4をインストールしてサーバーのプロパティを設定する際、「ミラードライバー」の欄がないことで気づきました。

Desktop Duplication Engine(DDE)を有効にする方法は上記の欄にチェックを入れるか、以下の設定ファイルを開いてEnableDriverの値を1にすることで有効化されます。これはミラードライバーの有効化と同じです。

  • C:\Program Files\uvnc bvba\UltraVNC\ultravnc.ini

参考ページ

google 翻訳

https://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.uvnc.eu/download/1210/server_options.pdf&prev=search

Desktop Duplication Engine(DDE)について

Desktop Duplication Engine(デスクトップ複製エンジン)というものが、どのバージョンからか組み込まれているみたいで、Windows8以降はこれを使うので、仮にMirrorDriverをインストールしたとしても使われないようです。上記の参考ページには以下の記載がありました。

リマーク:
デスクトップ複製エンジン(DDE)は、ミラードライバーおよび適切なキャプチャDirectxと同じくらい高速です。mirrorドライバーはwin8以前のOSでも同じことを行いますが、directxをキャプチャできません。

XP-win7:キャプチャしたくない場合を除き、ミラードライバーを使用して追加のブーストを提供できますDirectXデータ。

Win8:ミラードライバーをアクティブ化せず、ビルドDDEを使用します。 コンパイルされたビンのみ

win7 > このDDEがexeに埋め込まれています。
実際、リモート操作してみたところレスポンスが良かったです。

ミラードライバーのサポートはWindows7まで?

以下のミラードライバーのページを見ると、サポートOSは Windows 7/Vista/XP/2008/2003/2000 となっていました。

Windows8以降のOSを使う場合、MirrorDriverのインストールはしなくてもサクサク操作できるので、インストール作業が楽になりそうです。

前へ

Javaの自動更新時にツールバーのインストールをスキップする方法(Windows)

次へ

リモートデスクトップ(RDP)の接続が遅いのでポリシーで解決