スポンサーリンク

【DNSレコード】ドメイン、WEB、メールがすべて別々の場合

以下のように、ドメイン、ホームページ、メールをすべてバラバラのサービスで契約した場合や、移管や移転で分離した際でも、独自メイン(例:example.com)でホームページもメールもアクセスできるようにするDNSレコードの設定例をメモ。

公開インフラの環境

ムームーDNSの設定例

ムームードメインの管理画面で、最低限必要なDNSレコードの設定は以下の通りです。

ホスト名タイプデータ優先度メモ
(空欄)A34.111.141.225STUDIOのグローバルIPアドレス
mailAXXX.XXX.XXX.XXXメールサーバ(さくらインターネット)のグローバルIPアドレス
(空欄)MXexample.sakura.ne.jp10さくらインターネットの初期ドメインexmapleの部分はご自分の環境の物に入れ替えてください)
(空欄)TXTv=spf1 a:www1234.sakura.ne.jp mx ~allさくらインターネットのホスト名www1234の部分はご自分の環境の物に入れ替えてください)

DKIM、DMARCを追加する場合

メールのなりすまし対策として、DKIMやDMARCもDNSレコードに追加したいときの例。

ホスト名タイプデータ優先度メモ
rs20240305._domainkeyTXTv=DKIM1; k=rsa; p=MIIBIabcd~~~xyzABさくらインターネットのメールの管理画面で設定したもの
_dmarcTXTv=DMARC1; p=none; aspf=r; adkim=rさくらインターネットのメールの管理画面で設定したもの

参考ページ

Just a moment...
DNSサーバー、Webサーバー、Mailサーバーを分離してみる
ムームーDNS、CPI ACE01、さくらのメールボックスを利用して、Web/DBサーバーとメールサーバーを分離してみた話
タイトルとURLをコピーしました