Officeのプロダクトキーを登録&認証するコマンド(バッチファイル)

Microsoft Officeのボリュームライセンス等で、毎回決まったプロダクトキーでセットアップする機会が多いときに便利なコマンド(バッチファイル)を見つけたのでメモ。

これを使うとプロダクトキーの登録と認証が一発で終わります。

Office 2013の例

実行する際は「管理者として実行」してください。また、インターネットに接続されたオンライン状態でないと認証ができません。オフラインで実行した場合、エクセルやワードを起動した際に認証を求められます。

@echo off

echo プロダクトキーを登録しています。
cscript "c:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /inpkey:*****-*****-*****-*****-*****

echo オンライン認証をしています。
cscript "c:\Program Files\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /act

pause
exit

*****-*****-*****-*****-*****の部分を登録したいプロダクトキーに置き換えてください。

また、ospp.vbsのあるフォルダーのパスがOffice 2013の場合office15となっていますが、Office 2010の場合はoffice14Office 2016の場合はoffice16となります。

さらにOSが64bitインストールしたOfficeが32ビット版の場合、Program Filesの部分がProgram Files(x86)となりますので注意してください。間違っているとエラーで実行されません。

前へ

起動時に毎回battery.dllの「発行元を確認できませんでした」とエラーが出るときにしたこと

次へ

Internet Explorer 11(IE11)をコマンドで削除・アンインストールしたいときの方法