謎の共存問題、Office 2016/2019を買うときは組合せに注意!

目次

Office Personal 2019にAccess 2019が入らない?

仕事でお客様よりAccessExcelWordが入ったPCが数台欲しいという注文を受けました。Access入りのOffice Professionalを購入すると費用が高額になるので、Office PersonalがプリンインストールされたPCと、ボリュームライセンス版のAccessで費用を抑えることにしました。ところが、何度Accessをインストールしようとしても失敗します。

Office PersonalをアンインストールしてからAccessをインストールすると、今度はOffice Personalのインストールができなくなりました。

Office展開ツールもダメだった

XMLファイルでインストール構成を設定し展開ツールからインストールするという方法も試してみましたがダメでした。

office 展開ツールを使用して project 2016 および visio 2016 のボリューム ライセンス バージョンをインストールする - deploy office | microsoft docs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/use-the-office-deployment-tool-to-install-volume-licensed-editions-of-visio-2016?redirectedfrom=MSDN

office 展開ツールの概要 - deploy office | microsoft docs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/overview-of-the-office-2016-deployment-tool

office 展開ツールのオプションの構成 - deploy office | microsoft docs

https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/configuration-options-for-the-office-2016-deployment-tool

Officeの共存問題

同じMicrosoft製品なのにどういうこっちゃ?ということでいろいろ調べてみると最近のOfficeには共存問題というものが存在していました。

Office 2013以降から共存問題が出てきており、特にOffice 2016/2019になったから更に相性の幅が狭くなっているようで、クイック実行Windowsインストーラー(MSI形式)との組み合わせとか、ボリュームライセンス版リテール版の組み合わせとかなんかややこしい問題があるみたいです。以下の参考ページにどの組合せなら大丈夫なのか、わかりやすく図にまとめられています。

https://3.bp.blogspot.com/-8utYxUmOT1I/XkNkXqrT5EI/AAAAAAAABm0/BI8B6W_SeMQyd0CA3zFQVXDzfCEcM4ZrACK4BGAYYCw/s1600/Office%2B%25E5%2585%25B1%25E5%25AD%2598%25E5%2595%258F%25E9%25A1%258C%2B%25E4%25B8%2580%25E8%25A6%25A7%25E3%2583%259E%25E3%2583%2588%25E3%2583%25AA%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%25B9.png

以下のケースは気を付けましょう

  • Office Personal + PowerPoint または Access
  • Office Home & Business + Access

このような組み合わせで購入しようというケースがあるかと思いますが、痛い目に合うので気を付けましょう。

その他参考ページ

同じ pc にインストールできる office 製品について - microsoft office 2016

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/homeuse/attention4.aspx?SilentAuth=1&wa=wsignin1.0

前へ

2020年2月 Windows Update 月例ロールアップの一覧とダウンロードリンク(Windows10/8.1/7)

次へ

Windows10の「BitLockerはアクティブ化を待機中です」を解除する方法