Windows7クリーンインストール直後、真っ先に入れるWindowsアップデート更新ファイル

Windows7をアップデートしてWindowsアップデートしようとすると更新ファイルの確認につまずいたり、待っても待っても確認が終わらなかったり、失敗したりすることがあります。

最近はWindows7のパソコンをクリーンインストールしたり、リカバリして工場出荷時に戻したら真っ先に以下の4つ更新プラグラムをオフラインの状態にしてインストールしています。

これを入れる前は初回の更新が200ファイルを超えていましたが、入れると70前後になりました。Windows Update Clientが更新されるため、更新ファイル確認の時間も数分になり、アップデートが失敗したり、アップデートが終わらないということもなくなりました。

更新ファイルと入れる順番

更新ファイル(KB番号)は投稿した当初の内容を2017/09/15時点の物に更新しています。

順番 更新ファイル 最終更新日 内容
1 KB976932 2011/05/31 Windows7 SP1で無印のWindows7の場合に入れます。Windows7 SP1は2014/8/12に公開されたものと2つあります。新旧の両方とも同じKB番号となります。新SP1であるKB976932(KB2534366とKB2533552含むもの)はダウンロードリンクが存在していなたいめ、オフラインでのインストールはいまのところできません。よって、オフラインではこの旧SP1を入れます。後にWindows Updateで新SP1である同番のKB976932が表示されるので、Windows Update経由でアップデートしてください。詳しくは「2014 年 8 月 12 日に公開された Windows 7 Service Pack 1 (KB976932) について」を参照してください。
2 KB3177467 2016/10/10 サービス スタック更新プログラムで、次のKB3125574が必要とするものです。KB3020369を置き換えたものとなります。
3 KB3125574 2016/05/16 別名Windows7 SP2と呼ばれているもので、Windows7 SP1以降の過去5年分の更新プログラムを新しい更新プログラムに置き換える巨大ロールアップパッケージ。これを適用すると最初のWindows Updateの更新ファイル数が適用する以前の200から数十個に減ります。その代わり、適用する時間は結構かかります。インストール後の再起動は念の為、2回行ってください。
4 KB4038777 2017/09/13 2017年09月分のセキュリティ マンスリー品質ロールアップ。2017年06月分のセキュリティ マンスリー品質ロールアップ(KB4022719)の時点で含まれた最新のWindows Update Clientを引き継いで含んでいます。Wuapi.dllのバージョンは7.6.7601.23806

※3番目のKB3125574はSSDの環境でもインストールに20~30分くらいかかります。再起動なしで4つ連続に入れたことはありませんが、面倒でも一つ入れるごとに再起動は必ずしておいたほうがいいかもしれません。

Inetrnet Explorer 11もインストールする場合

クリーンインストール後のIEがIE8/IE9/IE10と古くて、IE11をオフラインでインストールしたい場合、普通にオフラインインストーラーでインストールを進めると事前準備をしていても、必ず失敗しまするので以下を参考にしてください。

オンラインの場合は特に問題ないので、以下よりIE11をダウンロードしてください。

.NET Framework 4.7もインストールする場合

こちらもクリーンインストール直後に普通にインストールしようとすると、オンライン・オフライン共に失敗することがありますので、以下の参考にしてください。

バッチファイルでサイレントインストール

ダウンロードした更新ファイルをダブルクリックしてもなかなかインストールの画面が出ないことがあります。バッチファイルでサイレントインストールすればすんなりインストールできます。以下はKB3125574を入れる場合の参考です。KBinstall.batとか適当な名前を付けて更新ファイルと同じ階層に置いて使います。うまく動かなかったらごめんなさい。

@echo off

echo.
echo 更新ファイルをインストールします。
echo.

pause

rem 作業フォルダを作成
md c:\InstallKB

rem 更新ファイルを作業フォルダに展開
wusa.exe %~dp0Windows6.1-KB3125574-x86.msu /extract:c:\InstallKB

rem 展開したファイルからインストール
pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3125574-x86.xml /quiet

rem 作業フォルダを削除
rd /s /q c:\InstallKB

echo.
echo インストールが終わりました。
echo.

pause
exit

強制的にインストールするコマンド

バッチファイルを使わずにコマンドで強制的に更新ファイルをインストールする場合に使えるコマンドの例です。

wusa C:\Windows6.1-KB3125574-x86.msu /quiet /forcerestart /log:c:\temp\win7sp1rollup.evtx

最近のWindows Update Clientについて

このページは投稿時点のものです。最近のWindows Upadate Clientが気になるときは以下のリンク先をご参照ください。たまに見逃すことはありますが、新しいWindows Update Clientを見つけては投稿していますので、このページより新しいバージョンのWindows Update Clientが見つけやすいと思います。