Windows10でWEBカメラ/マイク/スピーカーの動作確認を行う方法とテストツール

目次

WEB会議用端末の動作確認をしたい

新型コロナウィルスが流行している現在、感染拡大を防止するためのテレワークにて、TeamsSkypeZoomなどのリモート環境を使ったWEB会議やネットミーティングの需要が高まっています。そのためWEBカメラやスピーカーを外部接続したり、標準搭載されたノートパソコンで実際に動作確認をしなければならない機会があったのですが、実際どうすればいいのかわからなかったので、調べてて試したことをメモ。

動作確認前の事前準備

動作確認の前にカメラが使える設定になっているか確認

パソコンによってはBIOSで内蔵カメラを無効化している場合がありますので、気を付けてください。またWindows10の場合、[設定」-[プライバシー]-[カメラ]オンになっているかの確認も必要です。

動作確認できる3つのテストツール

動作確認は以下3つを見つけました。いずれかの方法でテストできます。

このテストでWEBカメラ・マイク・スピーカーの状態が確認できるので、WEBミーティングソフト使用時のトラブルの心配がなくなります。

  • Windows10の「カメラ」アプリで動作確認する方法
  • ブラウザからWEBサイトで動作確認する方法
  • SilverLightで動作確認する方法

Windows10の「カメラ」アプリで動作確認する方法

[スタートメニュー]に「カメラ」というアプリが標準であるので、起動すればいきなりカメラの画像が映し出されます。

「カメラ」アプリが見つからない場合、アプリストアでカメラを検索し、「入手」をクリックすればダウンロードできます。また、直接ストアにアクセスして「Windowsカメラ」をダウンロードすることもできます。

コマンドで起動したいときは以下のコマンドを実行します。

start microsoft.windows.camera:

ちなみに、撮影した動画や画像はC:\Users\ユーザ名\Pictures\Camera Rollに保存されます。

ブラウザからWEBサイトで動作確認する方法

以下のサイトにアクセスすれば、カメラの動作確認をブラウザ上で行うことができます。

特に上記2つは有名なグループウェアの会社のWEBページなので安心して使えます。

接続機器(マイク/スピーカー/カメラ)テスト

https://www.j-motto.co.jp/00000000/faq/man-groupware/manual/help/ja_JP/public/webmeeting/devicecheck/

ウェブカメラテスト

https://ja.webcamtests.com/

SilverLightで動作確認する方法

2021年にサポートが終了しますが、「Microsoft Silverlight」をインストールして起動すれば、WEBカメラ/マイクのテストができます。Windows10以外のWindowsでテストしたいとき使えます。

その他役に立ちそうな情報

「名前を指定して実行」から「カメラ」の設定画面を開くコマンド

ms-settings:privacy-webcam

「カメラ」の有効・無効を設定するレジストリ

キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeviceAccess\Global\{E5323777-F976-4f5b-9B55-B94699C46E44}
値の名前 Value
タイプ REG_SZ
値のデータ Allow → 有効【既定】
Deny → 無効

前へ

2020年4月 Windows Update 月例ロールアップと更新プログラムまとめ(Windows10/8.1)

次へ

【Windows10】フォトビューアーを既定のアプリとして使うためにレジストリで有効化する方法