アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を開くと画面が真っ白になるときは再インストールしてみよう!

iPhoneに入れている公衆無線LANに簡単接続するアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をインストールしているのですが、アプリを起動してもアプリの画面内が真っ白なままで使えなくなってしまいましたが再インストールで解決できたのでメモ。

画面が真っ白のまま動かない

セブンイレブン7SPOTに接続しようと「Japan Connected-free Wi-Fi」を起動したら、アプリの画面内が真っ白なままでアプリの再起動やiPhoneの再起動を行っても症状は変わりませんでした。

以下のページに参考になることが書いてありました。

アプリのデータが正しくダウンロードされていないと画面が真っ白になる

端末を変えたら端末ごとに登録が必要

同じ端末でもメールアドレスを変更すると再インストール&利用登録が必要

新しいiPhoneに移行したからっぽい

私の場合、最近新しいiPhoneに移行したので、再インストールと利用登録が改めて必要なのに、今までと同じように使おうとしていたため、アプリのデータがダウンロードできず(利用登録が確認できず)、画面が真っ白になってしまっていたのだと思われます。

以下のページでは「※90日間接続がない場合、再度登録が必要です」という記載もありましたので、端末もメールアドレスも同一なのに真っ白になる場合はこれが関係しているかもしれません。

なので、再インストール&利用登録

まずアンインストール

まず、アプリを削除しておいてください。削除は「Japan Connected-free Wi-Fi」のアイコンを長押してプルプルしたら×印をタップするとアンインストールできます。

AppStoreで「Japan Connected-free Wi-Fi」を検索

インストール

アプリを開くと「コンテンツ取得中」となる

以下の画面が出たら「はい」をタップ

「利用登録」をタップして登録開始

「利用規約」に同意する

「利用登録」の方法を選ぶ

「メールアドレスで登録」を選んだ場合、必要事項を入力して次に進む

登録内容を確認して「登録する」をタップ

メールが届くので、メール内のリンクを開いて登録完了

アプリが起動できました

スマホを買い替えたり、メールアドレスを変更した際は、再インストールと利用登録をしましょう。

できればアプリ側で「利用登録が確認できませんでした。」みたいなメッセージが出るようにして欲しいですね。

前へ

原因はInbox!Outlook 2016/2013のIMAPで設定している受信トレイにメールが表示されないとき

次へ

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」とエラーが出るときはプロファイルをインストールする