FLASH Playerの自動更新を有効にする設定変更をバッチファイルで実行する方法。

FLASH Playerの自動アップデートが無効になっているPCをバッチファイルで簡単に有効にする方法をメモ。Windows 7のPCで試してみました。

自動更新の設定ファイル

バックグラウンドでのアップデートを許可する設定を、コントロールパネルの「Flash Playre 設定マネージャ」を使わずに行いたいときは、レジストリではなく以下のファイルで設定します。

  • 32bit版 Windows ... C:\Windows\System32\Macromed\Flash\mms.cfg
  • 64bit版 Windows ... C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\mms.cfg

「アップデートのインストールを許可する(推奨)」にしたいとき

Flash Player のバージョンや設定によっては、mms.cfg が存在していない場合がありますが、メモ帳などで手動で作成し、以下の内容をUTF-8で保存すればOKです。

SilentAutoUpdateEnable=1
AutoUpdateDisable=0

「アップデートのインストール時に通知を受け取る」にしたいとき

SilentAutoUpdateEnable=0
AutoUpdateDisable=0

「アップデートの有無をチェックしない(非推奨)」にしたいとき

SilentAutoUpdateEnable=0
AutoUpdateDisable=1

バッチファイル

以下のバッチファイルを実行(管理者として実行)すれば自動更新できるようになります。mms.cfg が存在していない場合は新たに作成されます。

@echo off
echo.
echo Flash Player の自動アップデートを有効にします。
setlocal enabledelayedexpansion
set CONFIGFILE="C:\Windows\System32\Macromed\Flash\mms.cfg"
echo.
echo 設定ファイル(%CONFIGFILE%)の中身を消しています。
type nul > %CONFIGFILE%
echo.
echo 設定を書き込んでいます。
echo SilentAutoUpdateEnable=1 >> %CONFIGFILE%
echo AutoUpdateDisable=0 >> %CONFIGFILE%
echo.
echo 設定ファイルの書き込みが終わりました。
endlocal
pause

自動更新が有効になった

バッチファイルを実行後、「Flash Playre 設定マネージャ」を開いてみると自動更新が有効になっていました。

参考サイト

ダウンロードとサイレントインストールの参考

最新のFlash Playerのダウンロードや、サイレントインストールも組み合わせてバッチファイルを作りたいときは、以下のページを参考にしてください。

前へ

.NET Framework 4.7.2(KB4054530)のダウンロードリンクとオフラインインストール

次へ

コマンドプロンプトでPCのメーカーやモデル名を取得するWMICコマンドとバッチファイル