Acrobat Reader、FLASH、Javaをサイレントインストールするコマンドまとめ

インストール画面をクリックする手間と、不要なソフトを抱き合わせで入れられることなくインストールするコマンドプロンプトで実行するコマンドです。インストールファイルをCドライブ直下に保存した場合を例にしています。

Adobe Reader

C:\AcroRdrDC1502320053_ja_JP.exe /sAll /rs /rps /msi EULA_ACCEPT=YES SUPPRESS_APP_LAUNCH=YES

/sPB

インストール状況をを表示しながら自動でインストール。[終了][キャンセル]ボタンでインストールを中止することができる。

/sAll

画面表示も対話操作なしで完全なサイレントインストール。

/rs

システムの再起動が必要な場合でも再起動を抑制。

/rps

システム再起動のダイアログを表示しない。

/l

エラーが発生すると、「%TEMP%\MSI*.LOG」にログを出力。

/msi "<コマンドライン・オプション>"

Windows Installerのオプションを直接指定する。インストール時あるいはインストール後の挙動を細かく設定するのに利用する。

EULA_ACCEPT=YESはインストール後の初回起動時に使用許諾契約書(EULA)の表示しないようにするものです。

SUPPRESS_APP_LAUNCH=YESはセットアップ後に Adobe Reader を起動するのを抑制するオプションです。

Acrobat Readerのインストールについての参考

Acrobat Readerのインストールについて以下のページも参考にしてください。

Adobe Flash Player

C:\install_flash_player.exe -install

-installを付けるだけです。ちなみに使うことはないかもしませんが、アンインストールする場合は-uninstallを付けます。

Java Runtime Environment

C:\JavaSetup8u121.exe /s SPONSORS=0 REMOVEOUTOFDATEJRES=1

/sを付けるだけでサイレントインストールできるんですがアップデートの際に余計なソフトを入れられないようにするSPONSORS=0と、旧バージョンが入っていた際は旧バージョンを削除するREMOVEOUTOFDATEJRES=1も付けておくと便利です。