オフラインでWindows Updateしたいときは「WSUS Offline Update」

オンラインでWindows Updateするとたまにアップデートに失敗を繰り返して心が折れそうなときがありますが、そんなときに使えるフリーソフトのメモ。

WSUS Offline Updateを使えば、あらかじめ別のPCで目的のWindowsのバージョンの更新ファイルをまとめてダウンロードして、更新を適用したいパソコンで一括してアップデート適用ができます。何台もパソコンをクリーンインストールやリカバリするときダウンロードする時間のロスを省けます。

対象のOS

更新ファイルをダウンロードしたい対象のOSは以下のように、Windows 7/8.1/10、Windows Server 2008/2008R2/2012/2012 R2/2016のいずれも32bit・64bitに対応しているようです。ちなみにスクリーンショットはWindows10で実行した際の画像ですが、Windows10上でWindows7の更新ファイルをダウンロードするといったことができます。

OFFICEの更新ファイルもダウンロードできる

[Office]のタブからはOffice 2010/2013/2016の更新ファイルをダウンロードできます。

[Legacy products]タブからはOffice 2007の更新ファイルをダウンロードすることができます。

ダウンロード方法

ダウンロードのリンクがわかりにくいのですが、WSUS Offline Updateは以下の部分のリンクから現在の最新バージョンがダウンロードできます。

使い方

希望のWindowsバージョンにチェックを入れ、[Start]ボタンを押すだけです。更新ファイルの塊をISOイメージとして保存したい場合は[Create ISO image(s)][per selectd product and language]にチェックを入れ[Start]ボタンを押します。以下はWindows7(32bit)の更新ファイルをISOイメージで取得する場合の画面です。

他のWindowsバージョンも同時にチェックが入れれます。同時に選択すると選択したバージョンごとのフォルダに分けられ更新ファイルが同時にダウンロードされます。Officeの更新ファイルも同時に適用したい場合、WindowsとOfficeの両方を選択してダウンロードすることができます。

また、C++ Runtime.NET FrameworksMicrosoft Security EssentialsWindows Defenderを含めるか含めないかも選択でき、セキュリティ関連品質ロールアップを含めるかどうかも選択できて高機能です。

更新ファイルの適用方法

ダウンロードした更新ファイルはWSUS Offline Updateのフォルダの中にある[Client]フォルダに各Windows・Offieのバージョン毎のフォルダに格納されています。例えばWindows7の場合は[w61]-[glb]フォルダとなります。

ISOファイルはWSUS Offline Updateのフォルダの中にある[iso]フォルダに保存されています。

ISOファイルを仮想ドライブにマウント

できあがったISOファイルから更新ファイルの適用したい場合、適用したいPCにマウントして実行します。Windows10はOS標準で仮想ドライブにマウントする機能がありますが、Windows7の場合は仮想ドライブの機能がないので、インストール不要のWinCDEmuのポータブル版を使うとWindows環境を汚すことなくISOファイルをマウントできます。

WinCDEmuの使い方の参考

更新ファイルの適用開始

[Client]フォルダを更新適用したいパソコンに移してその中にあるUpdateInstaller.exeを起動します。

ISOファイルをマウントする場合は、マウントした仮想ドライブの中にあるUpdateInstaller.exeを起動します。

起動すると以下の画面が現れるので、C++ランタイムライブラリ、.NET Framework、、Silverlightなども同時にインストールした場合はチェックを入れます。

何度か再起動が必要になります。自動で再起動して続けて更新作業を進めたい場合は[Autmatic reboot and recall]にチェックを入れておきます。

[Start]ボタンを押すとDOS窓やダイアログの画面が現れて更新ファイルの適用が次々と始まります。

Windowsのログオンの際のパスワード入力をする必要がある場合、作業中の再起動時にパスワード入力で画面が停まるため、フルオートで更新ファイルの適用ができません。その場合は一時的にContol Userpasswords2で自動ログオンの設定をしておくと全自動でアップデートの適用ができます。