パソコンを工場出荷時の状態に戻そうとしてもエラーが出るとき

Windows 7 Starterのノートパソコンを工場出荷時の状態に戻そうとしても以下のエラーが出てできませんでしたが、解決したのでメモ。

状況

元々HDDだったディスクをEaseUS Todo Backupを使ってSSDにクローンコピーして載せ替えました。

載せ替えのせいか工場出荷時の状態に復元しようと[コントロールパネル]-[回復]-[高度な回復]から[コンピューターを出荷時の状態に戻す]を選択して[再起動]ボタンを押しても以下のエラーが出てしまいます。

コンピューターを再起動できませんでした
コンピューターを再起動してWindows回復環境を開始できないため、回復操作を完了できません。

Disk to Disk(D2D)でリカバリするしか方法がなく、リカバリーディスクも無い状況なので困りました。

解決方法

解決方法は以下のページにも書きましたが、DISKPARTを使い回復イメージが入っているパーテーションをActiveにしたら解決できました。

手順

  1. 管理者としてコマンドプロンプトを起動
  2. diskpartEnter
  3. list diskEnterで回復パーテーションの入っているディスク番号を確認(自分の場合0)
  4. select disk 0Enter
  5. list partEnterで回復イメージが入っているパーテーション番号を確認(自分の場合1)
  6. select part 1Enter
  7. activeEnter
  8. exitEnterでDISKPARTを終了させる
  9. コマンドプロンプトを閉じて再起動

再起動したらリカバリーするためのウィザードが起動し、無事に工場出荷時の状態を復元できました。

前へ

F8を押して「コンピューターの修復」が表示されないので意図的に出す方法

次へ

オフラインでWindows Updateしたいときは「WSUS Offline Update」