Windowsの自動ログオンをレジストリで設定する(Windows 10/8.1/7)

目次

パスワード入力を自動化してWindowsにログオンしたい

Windowsに自動ログオンする方法として、GUIで設定する方法がありますがレジストリで設定する方法があったのでメモ。

Windowsにログオンするユーザーをパスワードなしにする訳にはいかないけど、ログオンするユーザーは決まっていて、パスワード入力は省きたいというときにおすすめの方法です。これを行えば、ログオンパスワードの入力をスキップして電源ボタンを押したらデスクトップの表示するとこまでの起動ができます。Windows 10/8.1/7で共通の方法です。

事前準備として使用するユーザーを確認

[コンピューターの管理]-[ローカルユーザーとグループ]-[ユーザー]に登録されたユーザーが対象となります。ここではuser01というユーザーを使って自動ログオンします。

レジストリ

自動ログインを有効にする

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 AutoAdminLogon
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効(デフォルト)
1 → 有効

ログイン対象のユーザー名を指定

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultUserName
REG_SZ
値の内容 自動ログインしたいユーザー名を指定する

ログイン対象ユーザーのログインパスワード

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultPassword
REG_SZ
値の内容 自動ログインしたいユーザーのパスワードを指定する

ドメイン名の指定(ドメインユーザーで自動ログインする場合)

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultDomainName
REG_SZ
値の内容 ドメイン名を指定する

バッチファイル例

例えば、Windowsに自動でログオン(サインイン)するユーザーのドメイン名domain01.localで、ユーザー名user01で、パスワードpassword01だった場合、以下のようになります。WORKGROUP環境の場合DefaultDomainNameの行は不要です。

@echo off
set REGROOT = "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon"
reg add %REGROOT% /v "AutoAdminLogon" /t REG_DWORD /d "1" /f
reg add %REGROOT% /v "DefaultDomainName" /t REG_SZ /d "domain01.local" /f
reg add %REGROOT% /v "DefaultUserName" /t REG_SZ /d "user01" /f
reg add %REGROOT% /v "DefaultPassword" /t REG_SZ /d "password01" /f
pause
exit

Administratorなどの管理者ユーザーWindows Updateを繰り返すスクリプトを組み合わせればクリーンインストール後のアップデートが楽になりそうです。

GUIで設定する場合

ちなみにGUIで設定する場合の方法は以下となります。

GUIの設定画面の呼び出し方法

設定画面はWindows+Rを押して以下のどちらかのコマンドで呼び出します。

  • control userpasswords2
  • netplwiz

GUIで設定方法

上記で呼び出した画面での設定方法は以下を参考にしてください。

前へ

UltraVNCで半角/全角キーを押してIMEを日本語入力モードに切り替えできないとき

次へ

Windowsログオン時のユーザー名とパスワードの入力画面を有効・無効にする設定とレジストリ