Windows Embedded Standard 7用のInternet Explorer 11のダウンロード

HPのt520というシンクライアント端末にインストールされたWindows Embedded Standard 7のInternet Explorer 9をIE11にアップデートしようと、Windows Embedded Standard 7用のInternet Explorer 11を探してなかなか見つけることができないということがありました。

Windows Updateカタログで検索してもIE11の更新ファイルはあるのですが、IE11のインストーラーがありませんでした。

試しにWindows7用のIE11をインストールしてみたところ、正常にインストールができたので、Windows Embedded Standard 7用のInternet Explorer 11は存在しないのだろうと思って探すのをあきらめてしました。

ところが、HPのSoftpaqでHP WES7 アドオン(Microsoft Internet Explorer 11) というのを見つけたのでメモ。Softpaqのファイル名はSP69682.exeで、これをインストールするとIE11にアップデートできました。

ダウンロードリンク

ファイルの概要

対応機種

  • HP t820、t620、t610、t520、t510、mt40、mt41、745G2

Windows Embedded Standard 7 シンクライアント IE11 アップデート手順書

インストールしてみたところ、Ramdiskの容量が少ないとかエラーが出て何度かインストールに失敗しましたが、RamdiskをMAXの512MBに変更し、再度チャレンジしたら無事にインストールできました。

Windows7用のIE11のインストールもRamdiskの容量が少ないとインストールが失敗するので、IEに限らず何かをEmbeddedOSにインストールするときやWindows UpdateをするときはRamdiskの容量をMAXにしておくことが必要です。失敗する場合、Ramdiskの容量についてのメッセージが出ないことがほとんどなので、EmbeddedOSでインストールエラーになる場合はここを疑ったほうがいいです。

Windows7用とWindows Embedded Standard 7用の違いがよくわかりませんが、とりあえずスッキリしました。

前へ

HPのSoftpaq(SP*****.exe)とDownload Managerをダウンロードするサイトのメモ

次へ

.NET Framework 4.7のオフラインインストーラーダウンロードリンク