Citrix Recieverの「アカウントの追加」を表示させない方法(Windows)

Citrix Reciever(Windows版)をインストール後、最初にログオンしたときに表示される「アカウント追加」を表示させない方法です。

この表示がログオンユーザーごとに表示されるのを防ぎ、いちいち「次から自動的に表示しない」にチェックを入れなくて済みます。

方法1 アカウントの追加を許可しないインストール

ダウンロードしたCitrix Recieverのインストーラーを実行する際、ファイルパスにALLOWADDSTORE=Nを付けてコマンドプロンプトから実行します。ALLOWADDSTORE=Nはアカウントの追加を許可しないというパラメーターです。

追加を許可しないのでアカウントの登録は当然できません。よって、アカウントの追加の画面も出ません。

C:\CitrixReceiver.exe ALLOWADDSTORE=N

パラメーターなしでインストールしてもインストール後にレジストリで値を変更することもできます。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\[Wow6432Node\]Citrix\Dazzle
  • AllowAddStore(REG_SZ)
  • 値:N

参考ページ

コマンドラインパラメーターを使用した構成とインストール

https://docs.citrix.com/ja-jp/receiver/windows/current-release/install/cfg-command-line.html

方法2 画面を出さないようにするレジストリの値を変更

方法1はアカウントの追加(ストアの登録)ができなくなるので、接続先の登録はできるけど「アカウントの追加」の画面は出さないというときの方法がこちらになります。以下はコマンドプロンプトからレジストリを変更するコマンドです。

reg add HKCU\Software\Policies\Citrix /f /v EnableFTU /t REG_DWORD /d 0
reg add HKCU\Software\Policies\Citrix /f /v HideAddAccountOnRestart /t REG_DWORD /d 1

参考ページ

いろいろ調べているとHKEY_LOCAL_MACHINE側にあるEnableFTU0にする方法がたくさんヒットしましたが、自分の環境では解決しませんでした。HKEY_CURRENT_USER側のHideAddAccountOnRestart1にすることで解決できました。

前へ

Javaの余計なオプションを構成ファイルで無効にしてインストールする方法

次へ

Windows7でMBRを修復するbootrecコマンド