Citrix RecieverからHTTPでXenAppやXenDesktopに接続できないとき(Windows版)

クローズドなネットワーク環境だということで、SSL化(HTTPS)されてない非SSL(HTTP)XenAppXenDesktopにアクセスできる環境があります。

ブラウザからWEBインターフェースではHTTPで公開アプリやデスクトップの使用ができるのですが、Citrix Recieverからアクセスするとエラーが出ました。

どうやらデフォルトではHTTPS(SSL)でないとストアの追加が許可されていないようです。

Citrix Recieverを入れたクライアント側のレジストリをいじることで、非SSL(HTTP)でも使用できる方法があったのでメモ。

HTTPの接続先追加をレジストリで許可する

ALLOWADDSTOREの値をAにする

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\[Wow6432Node\]Citrix\Dazzle
  • AllowAddStore(REG_SZ)
  • 値:A

上記のレジストリの値をAに変更することでHTTP(非SSL)の接続先(ストア)の追加ができるようになります。パラメーターの意味は以下のようになります。

N ユーザーによるストアの追加や削除を許可しない
S HTTPSのみストアの追加や削除を許可する(デフォルト)
A HTTP・HTTPSのストアの追加や削除を許可する
参考サイト

ConnectionSecurityModeを追加

ALLOWADDSTOREAにしても接続に失敗する場合や、StoreFrontではなくPNAgentの接続先を使用する場合は以下も追加が必要です。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\[Wow6432Node\]Citrix\AuthManager
  • ConnectionSecurityMode(REG_SZ)
  • 値:Any

PNAgentの接続パスワードの保存を許可したいとき

更に、PNAgentの接続先のパスワード保存をしたい場合は以下のALLOWSAVEPWDAにする必要があります。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\[Wow6432Node\]Citrix\Dazzle
  • AllowSavePwd
  • 値:A
N ユーザーによるパスワードの保存を許可しない
S HTTPSのみパスワードの保存を許可する(デフォルト)
A HTTP・HTTPSのパスワードの保存を許可する
参考サイト

前へ

Windows Updateを自動で再起動とアップデートを繰り返すバッチファイルを作る

次へ

Citrix RecieverでHTTP接続のアカウントの追加ができないとき(Windows)