Windows Updateのエラー 8007000Eの対処はKB3138612で解決(Windows7)

目次

何度やってもWindows Updateが失敗する

最近になって、セットアップしたばかりのWindows7のWindows Updateを行うと8007000Eというエラーが出て、何度「再実行」のボタンを押してもアップデートできないことがありましたが解決できたので対処方法の一つとしてメモ。

KB3138612のインストールで解決できた

とりあえず、2016年3月時点で最新のWindows Update Clientの更新ファイルKB3138612をインストールしたら正常にアップデートできるようになりました。しかも更新ファイルの確認が速くなります。KB3138612は、この時点で最新のWindows Updateエージェントそのもので、既存のWindows Updateエージェントを更新します。

上記のページのここ↓から各OS別のダウンロードページが開けます。

ダウンロードリンク(直リンク)

Windows 7 x86 用更新プログラム (KB3138612)

Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3138612)

インストールが失敗するとき

ただ、ダウンロードするときにブラウザに表示される「ファイルを開く」を押したり、「保存」から「ファイルの実行」を押すと、インストーラー画面が起動するのですが、「更新ファイルを探しています」の画面がずっと出たままになり、インストールができない場合がありました。

そのときは、一旦キャンセルしてダウンロードフォルダを開き、「Windows6.1-KB3138612-x86.msu」(Windows7 32bitの場合)をダブルクリックして実行するとすんなりインストールできました。それでも何度かインストールできないことがありましたが、再起動を数回行うとインストールできました。

バッチファイルでインストールする方法

以下のバッチファイルを実行するとダウンロードからインストールまで行えます。

md c:\InstallKB

bitsadmin.exe /transfer htmlget https://download.microsoft.com/download/E/4/7/E47FB37E-7443-4047-91F7-16DDDCF2955C/Windows6.1-KB3138612-x86.msu c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu

wusa.exe c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu /extract:c:\InstallKB /quiet /norestart

pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.xml /quiet

rd /s /q c:\InstallKB

pause
exit

Windows Updateトラブルシューティングツールでは解決できず

ちなみに、ヘルプや上記で出てくるWindows Updateトラブルシューティングツールも試しましたが、解決できませんでした。

原因はメモリ不足?

エラーコード8007000Eが出るのはメモリ不足というのが原因みたいですが、実際に積んでいるメモリは4GBのPCでした。

これで足りなければいくらいるの?しかも、32bitのOSでは3GBちょっと(仕様によってはMAX4GB)までしか使えないし…と、この説明には疑問を感じましたが解決できたのでよし。

それでも解決できないとき

KB3138612をインストールしてもダメで解決できないときは最終手段として以下のことを試してみてください。

  • 最新のマンスリーロールアッププログラムを適用してみる
  • Windows Updateをリセットしてみる

毎月Windows Updateで配信されている月例ロールアッププログラムには最新のWindows Update Clientが含まれています。KB3138612よりもバージョンの新しいWindows Update Clientに更新することで解決できるかもしれません。Windows7の最新のマンスリーロールアッププログラムは以下を参考に探してみてください。

それでもダメならWindows Updateをリセットしてみてください。かなりの確率で解決できると思います。その方法は以下のページを参考にしてみてください。

最近のWindows Update Clientについて

このページは投稿時点のものです。最近のWindows Upadate Clientが気になるときは以下のリンク先をご参照ください。たまに見逃すことはありますが、新しいWindows Update Clientを見つけては投稿していますので、このページより新しいバージョンのWindows Update Clientが見つけやすいと思います。

前へ

ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するコマンド

次へ

スクエニ名乗るフィッシングサイトに誘導するスパムメールが届いた。