ファイルメーカーのファイル間で値を渡す方法

ファイルメーカーで異なるファイル間でフィールドの値を渡すときがありますが、無知な私の場合、クリップボードを使用していました。

スクリプトの中身はコピー&ペーストで行ったりきたり。

最近のファイルメーカーは変数が使えますが、WEBのグローバル変数とは違い、ファイルメーカーのグローバル変数はファイル間で使うことができないようです。

しかし、スクリプトパラメータを使えば別ファイルにフィールドの値を渡すことができるそうです。

やってみたらできた。

値の送り側のファイル

スクリプト作成 → スクリプト実行 → 「指定」ボタン → 「オプションのスクリプトパラメータ」にフィールドまたは変数を入れる。

値の受け取り側のファイル

スクリプト作成 → 計算結果を挿入 → 指計算結果「指定」ボタン → Get ( スクリプト引数 ) 

※フィールドの指定もお忘れなく

 

といった感じ。

 

ただし、一つのフィールドの値は簡単ですが、複数のフィールドの値を渡すにはちょっとテクニックが必要なようです。

パラメータとして、複数のフィールドや変数の間に適当な区切り文字を入れて送り、受け取り側で区切り文字の間の文字を抽出して各値を抜き取る。

みたいな...。

 

これは後日挑戦してみようとおもいます。

というか、もっと簡単に受け渡しができるようになって欲しいです。

できればViersion11.5とか12あたりで...。

前へ

フレッツグループが遅い

次へ

ファイルメーカー"¶"(改行マーク)を使うと半角スペースが入ってしまう