エクセル、ワード、パワーポイントの「プライベートネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」のレジストリ

エクセル、ワード、パワーポイントの「プライベートネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」のレジストリのメモ。

Office 2013(15.0)のExcel、Word、PowerPoint を例にしていますが、Office 2016(16.0)、Office 2010(14.0) でも使える方法です。

以下の画面の部分のチェックボックスをON/OFFをレジストリで設定

この画面は [ファイル]-[オプション]-[セキュリティセンター]-[セキュリティセンターの設定]-[信頼できる場所] から開けます。

このチェックボックスをONにしても、対象の場所にプライベートネットワーク上の共有フォルダの場所が追加されていないと意味がないので、別途場所(パス)の追加が必要です。

エクセル(Excel)

ワード(Word)

パワーポイント(PowerPoint)

レジストリ

エクセル(Excel)

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Excel\Security\Trusted Locations
値の名前 AllowNetworkLocations
種類 REG_DWORD
値のデータ 0 → チェックなしの状態(デフォルト)
1 → チェックありの状態

※一度も設定したことがない場合、このキーは存在していません。

ワード(Word)

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Security\Trusted Locations
値の名前 AllowNetworkLocations
種類 REG_DWORD
値のデータ 0 → チェックなしの状態(デフォルト)
1 → チェックありの状態

※一度も設定したことがない場合、このキーは存在していません。

パワーポイント(PowerPoint)

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\PowerPoint\Security\Trusted Locations
値の名前 AllowNetworkLocations
種類 REG_DWORD
値のデータ 0 → チェックなしの状態(デフォルト)
1 → チェックありの状態

※一度も設定したことがない場合、このキーは存在していません。

バッチファイル

このレジストリを登録するバッチファイルの例です。エクセル・ワード・パワーポイント全部の「プライベートネットワーク上にある信頼できる場所を許可する」のチェックをONにします。

@echo off

reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Excel\Security\Trusted Locations" /v "DisableInternetFilesInPV" /t REG_DWORD /d "1" /f reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Security\Trusted Locations" /v "DisableUnsafeLocationsInPV" /t REG_DWORD /d "1" /f reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\PowerPoint\Security\Trusted Locations" /v "DisableAttachmentsInPV" /t REG_DWORD /d "1" /f
pause
exit

バッチファイルを実行した後、レジストリは以下のようになっているはずです。

前へ

パワーポイント(PowerPoint)の保護ビュー(保護されたビュー)を有効・無効にするレジストリ

次へ

Windows10でインターネットやLAN、ネットワークが接続できなくなったときに試してみること。