ネットワークが定期的に切断されるときに試したネットワーク設定をリセットするコマンド

目次

定期的にWindowsのネットワークが切れることがある

会社のパソコンも自宅のパソコンもネットワークが定期的に切断されます。ひどいときは起動した時点で既にアイコンにビックリマークが付いていてインターネットができないことも.あります。今回、症状が出たOSはWindows7Windows8.1

ネットワークアイコン

ネットワークカードのドライバを更新したり、IPv6OFFにしてみたり、ネットワークカードの詳細設定を変更してみたりといろいろしてみましたが全く解決に至りませんでした。

以下のことを試して定期的に切断される問題は解決できませんでしたが、結果的にネットが高速化されブラウザの表示スピードが速くなったので、とりあえずやってみたことをメモ。

Windowsのネットワークアダプタの設定を初期化するコマンド

とりあえず、コマンドプロンプトでいろいろ初期化してみる。IPアドレスを固定していた場合、リセットするとIPアドレスが消えるので、実行前に現在のIPアドレスをメモしておいてください。このコマンドはWindows 10/8.1/8/7 で使用できます。

ネットワーク・インターフェイスの初期化(リセット)

netsh interface ip reset c:\reset.log
IPv4のみリセットしたいとき
netsh interface ipv4 reset
IPv6のみリセットしたいとき
netsh interface ipv6 reset

Windows Socketの初期化

netsh winsock reset

TCPパラメータの初期化

netsh interface tcp reset

SNPを無効化する設定

まずSNPの各機能の設定を確認

netsh int tcp show global
netsh int tcp show global

Receive-Side Scaling(RSS)の無効化

netsh int tcp set global rss=disabled

通信に極端な障害が発生していない場合や、効果を感じられない場合は、enabledでも良いかもしれません。

TCP Chimney オフロード の無効化

netsh int tcp set global chimney=disabled

NetDMA(Network Direct Memory Access)の無効化

netsh int tcp set global netdma=disabled

※Windows8/8.1は未サポートで設定不要。

受信ウィンドウ自動チューニングレベルも無効化

netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled

または

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

highlyrestrictedのほうが速い気がする。

パラメータ 意味
disabled 自動最適化を無効
highlyrestricted 既定値より受信ウィンドウを保守的に少し拡大
restricted 既定値より受信ウィンドウを制限的に拡大
normal 既定値に戻す
experimental restrictedの制限対応

アドオン混雑制御プロバイダに設定

netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp
パラメータ 意味
ctcp 有効
none 無効

ネットワークアダプタの電源の設定

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックは外します。「デバイスマネージャ」-「ネットワークアダプタ」にあるネットワークカードのプロパティの「電源の管理」というタブで設定できます。

電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする

 

参考サイト

前へ

感動して涙が止まらないタイの泣けるCMまとめ

次へ

YouTube動画の遅延読み込みができるEcho.js