より高速なインターネット「IPv6 IPoE」対応で最安のプロバイダーを探す!

目次

なぜIPv6 IPoE?

現在プロバイダーはIIJとコナミが合弁で設立した500円プロバイダー「i-revoアクセス」を使用してします。フレッツ光を既に契約中であれば固定IP付きで500円なので激安であり、IIJのインフラということで気に入り、随分長い期間使用していました。ただ、IPv4(PPPoE)接続のみのサービスなのでYou-Tubeくらいなら不憫には感じませんでしたが、Amazonプライムビデオを見だしてから、再生直後の数分はブロックノイズが出てインターネット回線に不満を感じてきました。

そこで、どの接続方法が速いのか接続方法について調べました。IPv4よりもIPv6の方が速いのはなんとなくわかります。PPPoEっていう言葉もよく聞くので何となくわかります。しかし、調べていくうちに聞いたことのなかった「IPoE」とい言葉に出会いました。これが一番速いらしいです。

PPPoE接続とIPoE接続の違いについては以下が参考になります。

IPv4(PPPoE)IPv6(PPPoE)はどちらも通信経路上に高速道路で言えば料金所みたいなものがあり、道幅も狭く、時間帯によっては渋滞が発生しやすいそうです。一方、IPv6(IPoE)は料金所がなく道幅も広いため、渋滞が起こりにくいのでストレスなく通信ができるそうです。そこで、インターネットのスピード不足のストレスを解消するため、プロバイダーを乗り換えることにしました。

「DS-Lite」に対応したルーターが必要

IPv6 IPoE対応のプロバイダーに乗り換えるときは、IPv6のネットワークを経由してIPv4通信を行う(IPv4 over IPv6)規格の「DS-Lite」に対応したルーターが必要に対応したルーターが必要です。これがないとIPv6対応は見れてもIPv4のみ対応のホームページが見れないので注意が必要です。

ちなみに我が家のルーターはNTTからレンタルしている「RS-500MI」で、元々IPoEに対応してはいましたが、「DS-Lite」には対応していませんでした。

しかし、ファームウェアのアップデートで対応できることがわかり、速攻でアップデートして対応することができました。この記事の投稿は2020/03/07ですが、「DS-Lite」対応のファームウェア(Version 07.00.0010)が5日前の2020/03/02に出ていました。なんとタイムリーな...。

ということで、環境は整っており、あとはプロバイダーを乗り換えるだけ!

プロバイダー契約のみできるIPv6 IPoE対応のプロバイダー

既にフレッツ光の回線はあるので、以下の条件で探してみました。

  • フレッツ光に対応していること
  • 回線契約不要でプロバイダーのみの契約ができること
  • IPv6でなおかつIPoEに対応していること
  • 月額料金がめっちゃ安いこと
  • 契約が簡単で早くできること

そこで検索でヒットしたプロバイダー

BB.exite.コネクト「BB.exciteコネクト(IPoE接続プラン)」

月額700円(税抜)で契約費用・工事費・契約事務手数料が無料で最低利用期間も一切なし。しかも最大2か月無料体験あり。多分、これが余計な料金や縛りがない最安だおと思われます。

月額500円のPPPoE接続など、BB.exiteのその他プランはこちら↓

インターリンク「フレッツ接続 ZOOT NATIVE」

月額1,100円(税込)で初期費用が無料。最低利用期間・違約金も一切なし。最大2か月無料体験あり。

インターリンクのその他プランはこちら↓

OCN「プロバイダプラン」

月額900~1,200円(税抜)。最低利用期間なしと2年縛りのパターンがある。

BIGLOBE「ひかりコース」

月額900~1,200円(税抜)。最低利用期間24ヶ月、違約金5000円。

DTI「DTI 光 シンプルプラン」

月額680円~951円(税抜)。事務手数料・工事費不要。最大3ヵ月無料。ただし、最低利用期間が12ヶ月という制限があり、途中で解約する場合は残期間+1ヶ月分の料金が必要。

オープンサーキット「v6Neoコース」

月額1,980円、初期費用2,200円。固定IP付きの上位サービス「v6Direct」もある。

その他

フレッツのIPv6(PPPoE/IPoE)対応プロバイダー一覧

対応プロバイダー|ntt西日本|フレッツ公式|

https://flets-w.com/service/isp/?act=provider_list&a=35

前へ

Windows10の「BitLockerはアクティブ化を待機中です」を解除する方法

次へ

インターネット回線の接続がIPv4/IPv6/PPPoE/IPoEのどれかを確認できるサイト