【YouTube】1000人と4000時間達成したときに届く収益化開始のお知らせと設定の流れ

目次

収益化の基準をクリアすると?

YouTubeの収益化(動画が再生中に表示される広告による広告収入)の権利をゲットするためには以下の基準をすべてクリアする必要があります。

  • チャンネル登録者数1000人
  • 動画総再生時間4000時間

達成すると、YouTube Sutadio『収益受け取り』の画面に[申し込む]のボタンが表示されます。これを押しても審査や他に必要な手続きが待っていますので、収益化目的で動画を公開されている方は、ボタンが現れたた速攻でポチりましょう!

YouTubeと共に成長していきましょう
YuTubeパートナープログラムに参加すると、動画から収益を得たり、クリエイターサポートを受けたりできます。

画面の指示に従って手続き

次に、以下の画面が現れます。ここで重要なのが、Google Adsense の申込です。アフィリエイトをされている方はご存知だと思いますが、ホームページやブログに広告を表示させ、クリックされたら広告収入が入るアレです。

YouTubeの広告収入はGoogle Adsense経由で支払われるため、この登録と連携がないと、収益を受け取れません。受取口座もこちらに設定します。

なお、収益が累計8,000円を超えないと口座には振り込まれません。具体的に言うと、月末締め時点でAdSenseとYouTubeの収益を合算した累計が8000円を越えていると、翌月22~23日あたりに口座に『グーグル(ド』名義で振り込まれます。入出金明細に『グーグル(ド』の記載があるとテンション上がります。

審査後、歓喜の承認メールが届く!

審査は数日かかりますが、承認されると以下のようなメールが届きます。

お客様のYouTubeチャンネル(XXXXX)のYouTubeパートナープログラムへの参加が承認され、YouTubeで収益化できるようになりました。

 

早速、収益化の設定をする!

YouTube Sutadioを開き、 [動画を収益化] をクリックします。

収益化する動画の選択方法を指定する

収益化が承認されるまでの過去の動画も収益化対象となるので、『すべての動画を今すぐ収益化』を選択して [設定を適用] をクリックします。

収益化の列が表示されるようになった!

『コンテンツ』の画面には、今まで無かった『収益化』の列が表示されるようになり、設定が適用されると順次、収益化の設定がオンになります。ここで動画ごとに収益化の設定がどうなっているか一目でわかります。

動画毎に収益化のオン・オフを切り替えられる

個別に収益化のオンとオフを後で切り替えることもできます。

以上。これで、動画に広告が表示されるようになります。

前へ

爆速復活!起動が遅くなったのはAdobe Cloud Desktopのせいだった件

次へ

重低音キター!耳に合わないイヤホンが感動するほどグレードアップするイヤーピース【コンプライ】