【解決済み】アドレスバーから検索しようとするとEdgeが急に落ちる

目次

いろいろ途中経過やその時点の回避策を記載していますが、最終的にEdgeの更新で解決しました。

その方法はページ下部の「【追記2】Edgeの新バージョン84.0.522.49に更新して根本的に解決」を参照ください。

アドレスバーに文字を入力すると固まって落ちる

昨日まで普通に使えていたのに今日は朝(2020/07/31)から急にMicrosoft Edgeが固まって落ちるようになりました。検索をしようとアドレスバーに文字を入力すると「応答なし」とフリーズして強制終了になります。その他は普通に使えます。環境はWindows10 Pro v1909 64bitです。

  • Edgeは普通に起動できる
  • お気に入り等からページは開ける
  • アドレスバーにURL貼り付けでもページは開ける
  • アドレスバーからの検索だけがダメ

原因はGoogleの検索エンジン?!

『Edgeの設定に何か変更を加えたら直るかな?』とEdgeに設定しているデフォルトの検索エンジンを『Google』から『Yahoo!JAPAN』または『bing』に変更してみました。

すると直りました!

Yahoobingのどちらもアドレスバーに文字を入力しても普通に検索できました。Googleに戻して検索しようとすると再発して強制終了しました。

Googleを検索エンジンとして利用する設定になっている場合に、検索候補を表示する機能に関連して発生しているようです。

デフォルトの検索エンジン変更で回避

通常使用する検索エンジンを変更する方法

  1. Edgeの [・・・]-[設定]-[プライバシーとサービス]-[アドレスバー] を開く

  2. [アドレス バーで使用する検索エンジン] の欄を「Google」以外に変更

以上で完了です。これでアドレスバーから検索でEdgeが固まって落ちる症状は解消されます。

ちなみに上記のEdgeの検索エンジンを変更する設定画面はアドレスバーにedge://settings/searchと入力しても表示できます。

【追記】検索候補の表示をオフにして解決できた

Edegの設定で、[入力した文字を使用して、検索とサイトの候補を表示する]の部分をオフ(グレー状態)にすれば検索エンジンがグーグルでも落ちなくなりました。

再度オン(ブルー)にすると落ちました。ただし、Yahoo!JAPANbingはここがONでも落ちることはありませんでした。GoogleだけがOFFにしないと落ちます。以下はこれに関するマイクロソフトのツイート(2020/07/31 08:19)

【追記2】Edgeの新バージョン84.0.522.49に更新して根本的に解決

Edgeのバージョンを84.0.522.49に更新したら根本原因から問題がすべて解決されました。Edgeをバージョンアップさせるには [設定] またはアドレスバーからedge://settings/helpにアクセスして『Microsoft Edgeについて』の画面を開けば自動的に更新されます。

本日(2020/07/31)の午前9時ごろ不具合に遭遇して最新にアップデートしたときはEdgeのバージョンは84.0.522.48でしたが、11:30くらいに再度アップデートしたら84.0.522.49になりました。

アップデート後は[入力した文字を使用して、検索とサイトの候補を表示する]の部分をオン(ブルー)にしても落ちることなくなりました。

以下はこれに関するマイクロソフトのツイート(2020/07/31 11:30)

Thanks for everyone's patience while we investigated! We believe this to be resolved now. We encourage you to revert your browser settings that you may have changed, and let us know if you are still experiencing any crashes typing into the address bar. https://t.co/Icx2qR3UHM

— Microsoft Edge Dev (@MSEdgeDev) July 31, 2020

調査中は皆様、大変お待たせしました! 現在、この問題は解決されていると考えています。変更した可能性のあるブラウザの設定を元に戻し、アドレスバーに入力してもクラッシュが発生する場合はお知らせください。

 

【追記3】更に84.0.522.50がリリースされている

上記の84.0.522.49で問題が解決されたかのように見えましたが、翌日の2020/08/01 08:15時点もまだ一部のユーザーで症状が改善されていなかったようです。

ですが、84.0.522.50がいつの間にかリリースされていました。

【追記4】84.0.522.52がリリースされて終息?!

以下のページによると2020/08/01に84.0.522.52がリリースされていました。

また、Microsoft Edge DevのTwitterにも2020/08/02に今回の件が解決できたという旨のツイートが出ていました。

とりあえず、今回のこの騒動はこれで終息したのではないかと思われます。

前へ

WealthNavi(ウェルスナビ)の投資状況メモ

次へ

メッシュWi-Fi環境下で頻繁にアクセスポイントが切り替わって困るとき