「Windows10をインストールできませんでした」というWindows Updateのエラーを消す方法

Windows 7 のPCで Windows Update の画面を出すと、「Windows10をインストールできませんでした」というエラーが毎回出るPCに遭遇しました。

Windows 10 をインストールできませんでした
失敗:1個の更新プログラム
エラー:80070642-40019 Windows Update で不明なエラーが発生しました。

以前、強制的に Windows 10 にアップグレードされていた時期に、アップグレードをキャンセルした端末でした。[更新の確認] を行えば通常通り Windows 7 のアップデートができるのですが、毎回この画面が出ると近いうちに Windows 10 にアップグレードされてしまうのではないかとヒヤっとします。アップグレードをキャンセルしているので、実際はアップグレードはされませんが、このエラーは出て欲しくないので出ないようにするための方法を見つけたのでメモ。

レジストリを削除すれば解決

レジストリエディタ(regedit)で以下のレジストリを削除することで解決できました。(10.0.10586.0の部分は環境によって微妙に異なります。)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0\0000

コマンドでレジストリを削除

以下のコマンドでレジストリを削除することもできます。「管理者として実行」したコマンドプロンプトで実行してください。

reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\OSUpgrade\Rollback\10.0.10586.0" /f

または、以下のように Rollback 以下を丸ごと消してもいいかもしれません。

reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\WindowsUpdate\OSUpgrade\Rollback" /f

 

前へ

Movable TypeのトラックバックやPing更新通知の送信時に500エラーとなるときに試すこと

次へ

2018年7月現在、最新のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)