解決!リモートデスクトップが「原因はCredSSP暗号化オラクルの修復で...」で接続できないとき

突然リモートデスクトップができなくなった

2018年5月の月例ロールアップ適用後のWindows10のクライアントからWindows7のPCにリモートデスクトップによる接続ができなくなりました。接続しようとすると以下のエラーが表示されるようになりました。

原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。

リモート デスクトップ接続

認証エラーが発生しました。
要求された関数はサポートされていません

リモート コンピューター: 192.168.0.111
原因は CredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。
詳細については、https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=866660 を参照してください

原因はWindows Updateのパッチ

操作する側(クラインアント)PCと、操作される側(サーバー)で適用しているパッチの状況により、セキュリティレベルが異なることが原因でした。

今回は症状が発生した状況は、クライアントPC(Windows10)は現在最新の2018年05月の月例ロールアップが適用されていて、操作される側のPC(Windows7)はインターネットに接続していない為、Windows Updateによる更新プログラムの適用はほぼ行われていない状態でした。以下の表のケース4に該当していました。

  接続元クライアント
(操作する側)
接続先サーバー
(操作される側)
接続可否
ケース1 2018年3月更新プログラム
未適用
2018年3月更新プログラム
未適用
接続可能
ケース2 2018年3月更新プログラム
適用済み
2018年3月更新プログラム
未適用
接続可能
ケース3 2018年3月更新プログラム
適用済み
2018年3月更新プログラム
適用済み
接続可能
ケース4 2018年5月更新プログラム
適用済み
2018年3月更新プログラム
未適用
接続不可
ケース5 2018年5月更新プログラム
適用済み
2018年3月更新プログラム
適用済み
接続可能
ケース6 2018年5月更新プログラム
適用済み
2018年5月更新プログラム
適用済み
接続可能

 

詳細については以下のマイクロソフトのページを参考にしてください。

レジストリやポリシーでセキュリティレベルを下げることで回避する方法もあるようですが、月例ロールアップを適用することをお勧めします。

パッチ適用で解決できた

操作される側(Windows7)に2018年5月の月例パッチを適用することで無事接続できるようになりました。 Window 10/8.1/7のパッチのダウンロード先は以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

その他参考

前へ

Mixhostに他のレンタルサーバーで使っているSSL証明書を移行してみたらできた

次へ

MovableTypeの管理画面でblank.htmlのダウンロードが開始されるとき