2018年5月現在、最新のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)

米国時間の毎月第2火曜日(日本時間では毎週第2水曜日)に配信されるWindowsアップデートの月例パッチ。

2018年5月分として配信された現在最新の累積更新プログラムおよびマンスリー品質ロールアッププログラム(Windows10/Windows8.1/Windows7用)のダウンロードリンクをメモ。

※差分更新ファイルやセキュリティのみの更新プログラムは省略しています。

Windows 10 Version 1803 (April 2018 Update)

2018-05 Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム (KB4103721)

ダウンロードリンク

Windows 10 Version 1709 (Fall Creators Update)

2018-05 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4103727)

ダウンロードリンク

Windows 10 Version 1703 (Creators Update)

2018-05 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4103731)

ダウンロードリンク

Windows 10 Version 1607 (Anniversary Update)

2018-05 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム (KB4103723)

ダウンロードリンク

Windows 8.1

2018-05 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4103725)

ダウンロードリンク

Windows 7 SP1

2018-04 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4103718)

ダウンロードリンク

このパッチは吉の問題として、Streaming Single Instructions Multiple Data (SIMD) 拡張機能 2 (SSE2) をサポートしていないコンピューターでSTOPエラーが発生し、再起動を繰り返す状態になることがあります。その際は、下部にあるコマンドで更新ファイルをアンインストールすれば正常に起動できるようになります。削除後はまた同じ更新ファイルのアップデートを求められますが、右クリックして非表示にすれば更新を求められなくなります。

Windows Update エージェント(Wuapi.dll)が更新されていました

Windowsアップデートの更新の確認が遅い、または終わらないときは最新のWindows Update Clientを入れると解消できる場合があります。最近の月例パッチには必ず現時点で最新のWindows Update Client(wuapi.dll)が含まれいます。今回は前バージョンの2017年6月の月例ロールアップKB4022719)に含まれていた7.6.7601.23806から7.6.7601.24085に更新されていました。

ファイル名 Wuapi.dll
バージョン 7.6.7601.24085
更新日 2018年3月14日

更新日が2018年3月14日になっていますが、2018年3月と2018年4月に配信されたマンスリーロールアップには含まれていませんでした。

ちなみに、月例パッチは当てずに Windows Update エージェント(wuapi.dll)だけをアップデートする単体のプログラムは配信されていないみたいです。

インストール用バッチファイルの参考

Windows7 64bit用KB4093118をダウンロードからサイレントインストールまでを行うバッチファイルの参考です。

Windows Updateの自動更新や手動による更新ファイルのインストールが失敗するときにお試しください。

@echo off
set DownloadURL=http://download.windowsupdate.com/d/msdownload/update/software/secu/2018/05/windows6.1-kb4103718-x64_c051268978faef39e21863a95ea2452ecbc0936d.msu
set KbFileName=windows6.1-kb4103718-x64
md c:\InstallKB
bitsadmin.exe /transfer KbFileGet %DownloadURL% c:\InstallKB\%KbFileName%.msu
wusa.exe c:\InstallKB\%KbFileName%.msu /extract:c:\InstallKB
pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\%KbFileName%.xml /quiet
rd /s /q c:\InstallKB
pause
exit

更新後に不具合が起こったらコマンドで削除

最近のロールアッププログラムはやた不具合が多いので、特にWindows7のPCで、更新後に再起動を繰り返したり、更新したのにゾンビ化して起動のたびに同じパッチの更新を求められることがあります。そのときはPCをセーフモードで起動し、コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行してアンインストールしてください。

wusa /uninstall /kb:kb4103718 /quiet /norestart

その他のWindowsとWindows Server用

以下のページにWindowsおよびWindows Serverのバージョン別に更新プログラムがまとめられています。

Windows Updateの自動更新が失敗するとき

Windows Updateの更新ファイルを手動でインストールしたり、いろいろやってみても自動更新が失敗するときはWindows Updateコンポーネントをリセットしてみてください。直る可能性が高いです。リセットする方法は以下にまとめていますので、ご参照ください。

ウィルス対策ソフトがレジストリで許可していなくても配信されるようになった

一部のウィルス対策ソフト(ウィルスバスターとか)がレジストリで許可していないとWindows Updateの自動更新による特定の月例ロールアッププログラム(2018年1月分~3月分)が適用できない問題がありましたが、2018年4月分からはレジストルで許可されていなくても自動更新で適用できるようになっているようです。たしかにレジストリで許可していないWindows7のPCで更新ファイルの確認の一覧に表示がありました。

許可に使用していたレジストリを登録するコマンド

以下のコマンドでWindows Updateの自動更新を許可していましたが、2018年4月からは不要のようです。

reg add "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat" /v "cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc" /t REG_DWORD /d "0x00000000" /f

最新のWindows Update関連の投稿について

このページは投稿時点のものです。たまに見逃すことはありますが、最新の月例ロールアッププログラムやWindows Upadate Clientを見つけては投稿していますので、この情報が古いと思うときは以下のリンクから新しい情報があるか見てください。

前へ

CloudFlareのRocket Loaderが原因で突然Javascriptが動かなくなった

次へ

解決!USB回復ドライブでSurfaceのリカバリ(復元)が途中で失敗するときにやったこと