正規表現でMovableType(MT)の余計な改行と行頭のスペースを消す

MTによるページ構築時にどうしてもMTタグがあった部分に無駄な空白や改行が出来てしまいます。 それを正規表現を使って無駄な空白と改行を削除します。削除というよりregex_replace「何も無し」に置き換えます。

テンプレート(ページ)全部を対象にする場合

最初と最後の行に<mt:For></mt:For>を入れてテンプレート全体を囲います。余計な改行と行頭のスペースがすべて削除されたページが再構築時に出力されます。当たり前ですがPHPなどでインクルードされた部分には反映されません。MTのインクルードモジュールには反映されているみたいです。

<mt:For regex_replace="/^[\ \t\r\n]+/mg","">
<!DOCTYPE html>
<html>
.
.(テンプレート内容)
.
</html>
</mt:For>

<mt:For>の代わりに<mt:Unless></mt:Unless>または<MTUnless></MTUnless>でも使えます。

インクルードさせるモジュール内を対象にする場合

<$mt:Include module="sidebar" regex_replace="/^[\ \t\r\n]+/mg",""$>

上記の正規表現の意味について

先頭行にある半角スペース、タブ、改行のいずれかを繰り返し消すと意味になっています。それぞれの記号の意味は以下の通りです。

正規表現 意味
^ 行頭
\+半角スペース 半角スペース
\t タブ
\r キャリッジ リターン
\n 改行
[ ] 囲った部分のいずれか
/ /mg 複数行対象に繰り返し

正規表現の参考ページ

修飾子(modifier)について

/~/mgの最後にあるmとかg修飾子(modifier)と呼ばれるものらしいです。僕もよくわかっていないのですが、よく使う//g//mgの違いがよくわかりませんが、どうやらPerlの正規表現で使われるものらしいです。ちなみに、m「文字列を複数行として扱う」で、g「グローバルなマッチング」?を意味しているようです。以下のページが参考になります。

i「大文字小文字を区別しないパターンマッチング」はどこかで役に立ちそうです。

その他参考になるページ

前へ

Internet Explorer 11でCtrl+Shift+Uを押してページのリソース消費量を表示する

次へ

ウィルスバスター コーポレートエディションのアンインストール失敗でセットアップも再インストールもできないとき