買うならどれ!?おすすめのバッテリー内臓モバイルプロジェクターを比較

目次

どこでも簡単に使えるプロジェクターが欲しい

会議などで、『みんなと同じ画面を見ながら話がしたい』と思うことがしばしばありますが、会議室にテレビやモニターがないし、モニターの設置や電源の確保が難しいと簡単にできません。そこでバッテリー内臓の小型プロジェクターがあれば簡単ですが、たくさん商品がありすぎて『どれ買えばいいの!?』と思ったので、調べて比較してみました。その中でも『これがいい!』というものだけをピックアップして掲載しています。

こだわりたい部分

  • 明るさ
  • 解像度
  • バッテリー駆動時間
  • サイズと重さ
  • スマートフォンとの連携

明るさ

照明は消したとしても、窓から日差しが入るなど、少し明るい場所で使用を想定していますので、投影す光の強さが高めの物を考えています。そこでスペックを確認する際は明るさの尺度をしめすANSIルーメンの値を見ましょう。値が高いほど明るいです。価格が安い商品でも最低でも200ANSIルーメンくらいはないと使えないかもです。そこそこ良い物が欲しい場合は500ANSIルーメン以上を選べばいいかと思われます。

ただのルーメンとANSIルーメンは違うので注意

ちなみに気を付けないといけないのは、ルーメンの表記はいろいろあります。ANSI(アンシ)ルーメンと表記された値を基準にしましょう。

  • ANSIルーメン
  • 光源ルーメン
  • LEDルーメン

ハイエンドなプロジェクターでも2000ルーメンとかなのに、安くて粗悪なものはルーメンの値が7500ルーメンとか、安いのにちょっと数値がおかしい物があるので注意してください。こあたりは以下のBenQのページが参考になります。

解像度

最低でも720p HD(1270x720ピクセル)、できれば1080p フルHD(1920x1080ピクセル)の物を選びたいです。それ以下だと画像がボケるかと。あと、ダウンコンバートされるとしても4K入力に対応していると使い勝手がいいかもしれません。

バッテリー駆動時間

どのくらいの会議時間になるかわかりませんが、映画を見る用途として作られているものもあるので、2時間~3時間くらい駆動できるもを選びたいですね。万が一、バッテリーが切れてもモバイルバッテリーを追加接続できると良いです。

サイズと重さ

カバンにポイっと入れて、テーブルにポンと置けて邪魔にならないサイズと、女性でも持ち運べるほどの重量がいいです。軽い物は1kg以下の物がありますが、スペックが低い傾向があります。スペックの高い物は1.5kgくらいになるものが多いです。バッテリーが入っているので、長時間駆動のものになるほど重たくなりそうです。

スマートフォンとの連携

基本的にはHDMIケーブルやUSB-Cで接続できれば事足りますが、パソコンやスマーフォンとMiracastやChromecast機能が内臓されていれば、無線で接続できればもっと便利ですね。

MiracatとChromecast

Miracast(ミラキャスト)は「Wi-Fi Alliance」が策定した1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術のことです。ChromacastやAir Playと違ってWi-Fiに参加していなくても使え、Android 4.2以降のスマホ・タブレット、Windows 8.1以降のPCや最近のSurfaceが対応しています。ケーブルレスで1対1でスマートフォンやPCからプロジェクターに接続して画面ミラーリングしたいときはMiracastが簡単で良さそうです。iPhone/iPadなどiOSやMACはMiracastに対応していないので、Lightning-HDMI変換ケーブルによる有線での接続となります。

MiracastをサポートしているSurface

Chromecast(クロームキャスト)はプロジェクターとスマホが同じネットワークに参加していないと使えなので、社内や家庭のWi-Fiに接続されていることが前提となります。iPhone/iPadの画面を無線で共有して映し出したい場合、Air Playを使用することになります。ほとんどのChromecast対応製品はAir Playに対応しています。しかし、Air Playも基本的にChromecast同様、同じWi-Fiに接続されいる環境にないと使えないようです。

海外メーカーのおすすめモバイルプロジェクター

XGIMI Halo+

モバイルプロジェクターの中では恐らくコレが最強でしょう。約9万円。モバイルでありながら900ANSIルーメンと最強の明るさとフルHD解像度やHDR10など投影品質が高く、4K/2Kの入力もできます。また、オートフォーカスや台形補正、壁の投影可能な場所に合わせてスクリーンサイズを自動調整し、OSにAndroid TV 10が搭載されており、Wi-Fiに繋げばGoogle Play、OK Google、Chromecast、YouTubeなど、挙げればきりながない程の多機能と高機能を備えています。

XGIMI(エクスジミー)とはXGIMI TECHNOLOGYという2013年に設立された中国のプロジェクターメーカーで世界100か国以上で展開しているブランドです。ホームプロジェクターのシェアは世界No.2で中国ではNo.1だそうです。

前モデルのHaloはアマゾンでもAmazon's Choiceの製品に指定されています。その後継モデルなので信頼できそうです。スペックが高いだけに、少し大きくて重いですが、それ以上に期待できることが多いので全く問題ないかと。でも、ちょっと惜しいのがMiracast未対応ということ。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 900ANSIルーメン
スクリーンサイズ 推奨60~120インチ(最大200インチ)
投射距離 確認中
コントラスト 確認中
投影解像度 1920x1080
入力解像度 2K/4K
映像入力 HDMI / USB Type-A(フラッシュドライブ用)
スピーカー 2 x 5W Harman/Kardon, Dolby Audio, DTS-HD&DTS Premium Sound
バッテリー駆動時間 3時間
バッテリー容量 59.4Wh
充電方法 ACアダプタ
電源出力機能 確認中
フォーカス 自動
台形補正 自動
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast あり
サイズ 113.5x145x171.5mm
重量 1.6kg
その他 Android TV 10.0
Google Assistant
Chromecast built-in(iOS AirPlayも対応)
Dual-band 2.4/5GHz, 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0/BLE
発売時期 2021/09/16

XGIMI HaloまたはHalo+のレビュー参考記事

実際に触ってみた!

(2021/01/24追記)実機を触る機会がありましたので、試した換装をメモ。

  • AndroidのスマホからChromecastでミラーリングOK
  • iPhoneからAirPlayでミラーリングOK
  • 照明を消し、ブラインドを閉め、少し陽が漏れる程度(会議室で普通に人の顔が見えて表情が見える明るさ)で、昼間でもプレゼン程度ならそこそこ使える明るさ。(映画は厳しい)
  • Microsoft 4K Wireless Display AdapterをHalo+のHDMIとUSB-A(電源供給できた)に挿し、Surfaceからワイヤレスディスプレイ接続して、Surfacemの解像度をフルサイズでミラーリングに成功。

BenQ GS50

明るさや入力端子群など、バランスが良いモデル。約8万円。フルHDで500ANSIルーメン。USB-Cポートは、DisplayPort(DP Alt Mode)とPower Delivery(PD)の両方に対応しています。また、コントラストが100,000:1で、ウーファーも含めて3つのスピーカーを内蔵しているエンターテイメント向け。IPX2防滴構造と、70cmの落下衝撃耐性もあり、アウトドアにも向いています。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 500ANSIルーメン
スクリーンサイズ 30~112インチ
投射距離 確認中
コントラスト 100,000:1
投影解像度 1920x1080
入力解像度 USB-C:最大1920×[email protected]
HDMI:最大3840×[email protected]
映像入力 HDMI
USB Type-C(Displayport Alt modeと PD共用)
USB Type-A(フラッシュドライブ用)
スピーカー 2.1 チャンネルチャンバースピーカー
5Wx2 & 10W ウーファー
バッテリー駆動時間 2.5時間
バッテリー容量 6000mAh
充電方法 ACアダプタ、USB-C充電(45W 15V/3A まで)対応
電源出力機能 不明
フォーカス 自動
台形補正 自動
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast あり
サイズ 186x154x146mm
重量 2.3kg
その他 Android TV 9.0
Chromecast/Air Play対応
Dual-band 2.4/5GHz, 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
発売時期 2021/10/30

Anker NEBURA Vega Portable

薄型でカバンに入れたいならコレかも。約8万円。500ANSIルーメン。フルHDでAndroid TV 9.0、Chromecastあり。スペック的には「XGIMI Halo+」には劣りますが、USB-C PDで電源供給できること、59mmという薄さなので、持ち運び易さを重視ではあれば平型の中では最強だと思われます。外光が入る部屋での使用は厳しそうです。

Anker(アンカー)は、GoogleエンジニアやGoogle出身の若者達によって設立された中国のメーカーです。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 500ANSIルーメン
スクリーンサイズ 40~120インチ
投射距離 1.06m~3.18m
コントラスト 400:1
投影解像度 1920x1080
入力解像度 4K
映像入力 HDMI / USB Type-A(フラッシュドライブ用)
スピーカー 2 x 4W Dolby Digital Plus
バッテリー駆動時間 3時間
バッテリー容量 20,000mAh
充電方法 USB Type-C(USB Power Delivery 対応)
電源出力機能 確認中
フォーカス 自動
台形補正 自動
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast あり
サイズ 192x192x59mm
重量 1.4kg
その他 Android TV 9.0
Google Assistant
Chromecast built-in(iOS AirPlayも対応)
Dual-band 2.4/5GHz, 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
発売時期 2021/09/16

LG PF50KS

平型では明るさは最強かも。約6万円。600ANSIルーメンメーカーページ | 価格.com

LG PH55HG

卓上や近距離で壁に投影できるモデル。約4万円。450ANSIルーメン。唯一、Miracast標準搭載。メーカーページ | 価格.com

日本メーカーのおすすめモバイルプロジェクター

中華プロジェクターに比べるとスペックは劣るものが多いですが、日本メーカーにこだわりたい場合はこちら。

サンワサプライ 400-PRJ024

約6万円台、小型で470gと軽量でありながら400ANSIルーメンとそこそこのスペックでオートフォーカスあり。最新の中華製と比べると機能やスペックは劣るものの実用レベル。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 400ANSIルーメン
スクリーンサイズ 24~120インチ
投射距離 約0.6m~3m
コントラスト 5000:1
投影解像度 1280x720
入力解像度 不明
映像入力 HDMI / USB Type-C
スピーカー ありx2
バッテリー駆動時間 2時間
バッテリー容量 6500mAh
充電方法 ACアダプタ
電源出力機能 USB-A 5V 1A
フォーカス 自動(ボタン操作による)
台形補正 自動(ボタン操作による)
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast なし
サイズ 169x106x28mm
重量 470g
発売時期 2018/6/29

サンワサプライ PRJ-7

約10万円台、フルHD700ANSIルーメンと明るめですが、ACアダプタ駆動時の場合で、バッテリー駆動時は500ANSIルーメンです。フォーカスが手動なのとバッテリー駆動時間が90分と短い。あと、スピーカーもありません。普段は常設でACアダプタを接続して、たまに移動してバッテリー駆動で使ういう使い方が想定されいます。しかし、モバイルメインのバッテリー駆動が前提であれば、100ANSIルーメンほど暗くなりますが、前述の400-PRJ024の方が実用的です。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 700ANSIルーメン(ACアダプタ接続時)
500ANSIルーメン(バッテリー駆動時)
スクリーンサイズ 22~100インチ
投射距離 0.6~2.7m
コントラスト 400:1
投影解像度 1920x1080
入力解像度 不明
映像入力 HDMIx2 / USB Type-C
スピーカー なし
バッテリー駆動時間 1.5時間
バッテリー容量 10200mAh
充電方法 ACアダプタ
電源出力機能 USB-A 5V 1A
フォーカス 手動
台形補正 手動
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast なし
サイズ 242x137x38mm
重量 900g
発売時期 2019/6/3

RICOH PJ WXC12104

約9万円台、バッテリー無しだけど小型で800ルーメン(ANSIルーメン表示じゃないのでどの程度明るく映るのか気になる)。AC電源が必要だけど、PD対応のUSB Type-Cで給電できるので、85Wくらいの出力があるUSB Type-Cのモバイルバッテリーを組み合わせれば、なんちゃってモバイルプロジェクターにできなくはないです。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 800ANSIルーメン
投射距離 0.52~1.72m
コントラスト 40000:1
スクリーンサイズ 30~100インチ
投影解像度 1280x800
入力解像度 1920x1200(WUSXGA)
映像入力 HDMI / USB Type-C
スピーカー 1.5Wモノラル
バッテリー駆動時間 バッテリー無し
バッテリー容量 バッテリー無し
給電方法 ACアダプタ(USB-C)
電源出力機能 USB-C 5V 1.5A
USB-A 5V 0.5A
フォーカス 自動
台形補正 自動
MHL 対応
Miracast なし
Chromecast なし
サイズ 112.5x105x43.9mm
重量 500g
発売時期 2021/2/3

Maxell MP-SW51MJ

バッテリーは搭載されていないけどテーブルの卓上に投影できるミーティングに使えそうな製品。約6万円。メーカーの仕様では明るさが500と表記されていますが、これがANSIルーメンなのか、光源ルーメンなのかは不明。生産が終了しているので、市場にある在庫でしか手に入らないようです。これが良いと思われるのが、Miracastに対応していてるところで、SurfaceやAndroid端末などと1対1で無線接続して画面共有ででき、会議用にもっとも無いている製品だと思います。バッテリーやUSB-Cに対応していないのが残念ですが、使い道はありそうです。メーカーページ | 価格.com

主な仕様

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 500ルーメン
投射距離 0.52~1.72m
コントラスト 不明
スクリーンサイズ 36~50インチ
投影解像度 1280x800
入力解像度 1600x1200(コンピュータ信号)
1920x1080(ビデオ信号)
映像入力 HDMI / D-sub 15ピン
USB Type-A(フラッシュドライブ用)
スピーカー 1Wモノラル
バッテリー駆動時間 バッテリー無し
バッテリー容量 バッテリー無し
給電方法 ACアダプタ
電源出力機能 なし
フォーカス 手動
台形補正 手動
MHL 対応
Miracast あり
Chromecast なし
サイズ 265x65x198mm
重量 1.2g
その他 IEEE802.11a/b/g/n
発売時期 2019/1/21

カシオ CX-F1(ワイヤレス投影・スピーカー内臓)/CX-E1

(2021/01/24追記)2021/03/19発売予定のモデル。モバイルバッテリーを接続できてAC電源接続時の明るさは2000ルーメン。モバイルバッテリー接続時の明るさは不明。価格は約14万円前後。ブラックとレッドの2色展開。

CX-F1

メーカーページ価格.com

CX-E1

メーカーページ価格.com

スペック(ワイヤレス部・スピーカー部分を除いて共通)

投影法式 / 光源 DLP / LED
明るさ 2000ルーメン(AC電源接続時)
バッテリー接続時は不明
投射距離 0.75~3.14m
コントラスト 20000:1
スクリーンサイズ 30~300インチ
投影解像度 1280x800
入力解像度 1920x1080
映像入力 HDMI
USB Type-A(フラッシュドライブ用)
USB Micro-B
スピーカー 1Wモノラル ※CX-F1のみ
バッテリー駆動時間 約1.6~3.1時間
※外付け専用バッテリー YA-B10(オプション)使用時
バッテリー容量 6600mAh (95Wh)
※外付け専用バッテリー YA-B10(オプション)使用時
給電方法 ACアダプタ
電源出力機能 なし
フォーカス 手動
台形補正 手動
MHL 不明
Miracast 不明(専用ソフトで使えそう)
Chromecast 不明(専用ソフトで使えそう)
サイズ 215x43x152mm
重量 1.1g
その他 IEEE802.11 b/g/n(ドングル対応)※CX-F1のみ
発売時期 2019/1/21

Miracast(ミラキャスト)アダプター

モニターやプロジェクターにMiracast機能がない場合、以下のアダプターケーブルを使えばMiracast対応にできます。無線で飛んできた映像を受け取り、モニターに出力するためのHDMI端子と電源を受電するためのUSB-Aの端子が付いています。Surfaceなどパソコン会議資料を映し出す用途がメインなら、これがあったほうが便利な気がします。

前へ

水泳、ゴルフ、スポーツジムが趣味の人は貯金額の高い人が多いらしい。

次へ

【Acronis】video_gop.cpp:522が原因でブータブルメディアから起動できないとき