水虫の治療に重曹が効くのか?!についてのメモ

目次

爪水虫がなかなか治らない

最近、一部の足の爪がブヨブヨでボロボロになりはじめてきました。一応、皮膚科に通い、軟膏の薬をもらったのですが、2か月くらい様子を見ましたが、効果が感じれませんでした。そこで、内服薬で体の内側から治そうということで、『テルビナフィン』という錠剤を皮膚科に出してもらいました。

しかし、3か月経っても症状が変わりません。治療には半年から1年くらいはかかるだろうと先生には言われているので、ちょっと焦るのは早すぎなのかもしれませんが、不安になってきました。薬の効果と併用して、他に何かできることがないかと考えてみました。

重曹が菌に効く?!

以前に病気の「がん」について調べることがあり、「がんは菌による病気で、重曹が効くんじゃないか?」というのを目にしたことがありました。爪水虫も菌による病気なので、水虫も重曹で治せるんじゃないか?と思いました。

そこで、いくつかそれに関連するネットの記事を見つけたのでメモ。

参考ページ

参考動画

実際には重曹で水虫の原因である「白癬菌(はくせんきん)」という真菌(かび)を退治できる訳ではないみたいです。重曹で角質が取り除かれることによって、菌の繁殖を妨げることができるかも?程度の間接的な効果が期待できるくらいなようです。あとは、重曹の足湯によって、血行促進や足のニオイに効果があるくらいのようです。

重曹以外にもある爪水虫対策

重曹以外に、以下の物を爪に塗ると殺菌作用があって効果があるようです。

  • リンゴ酢
  • ティーツリーオイル
  • ニンニク
  • レモン汁
  • オレガノオイル
  • 木酢液(もくさくえき)

特にお酢は殺菌効果が高いようなので、重曹よりも酢の方が効果的みたいです。

ミコナゾール硝酸塩配合のせっけんを使う方法もあるみたい

少し高いですが、市販の『ミコナゾール硝酸塩配合のせっけん』を使うのも良いみたいです。プールやトレーニングジムのお風呂、サウナなどによく行く方は使ったほうがいいみたいです。

前へ

貯筋!?年収の高い人はなぜ筋トレをするのか!?

次へ

AIが人間を越える?!2045年問題と技術的特異点(シンギュラリティ)についてメモ。