AMPページでCDN経由でFont-Awesomeを読み込むときはホワイトリストに気を付けて!

目次

Googleの検索結果からAMPページが消えた

AMPページでFont-Awesomeのウェブフォントを使うことができるということで、埋め込んでみたところ、テストページではアイコンが正常に表示されたので、公開ページに適用したところ、数日後にGoogleの検索結果からAMPマークが表示されなくなりました。

なぜだろう?と、Google Search Consoleを久々に開いてみたところ、AMPページに問題があるというエラーの通知がありました。

「Google検索結果には表示されません」と、無効なAMPページとされていました。

原因はCDN

AMPページでFont-Awesomeを使うために、以下のようなコードでCDN経由のCSSを読み込んでいました。これがいけなかったみたいです。

<link rel="stylesheet" href="https://cdn.jsdelivr.net/npm/@fortawesome/fontawesome-free@5.6.3/css/all.min.css">

これの何がいけないかというと、cdn.jsdelivr.netから読み込んでいるということ。本家のuse.fontawesome.comよりもcdn.jsdelivr.netから読み込む方が速いかな?と思って使ったのがいけなかったみたいです。

PC用のページはこれで読み込んでいますが、AMPページではこれが警告の原因となり、Googleの検索結果にAMPマークが表示されなくなりました。

使えるCDNと使えないCDNがある

以下のページを見ると、<link>タグFont-Awesomeを読み込む場合はAMPプロジェクトのホワイトリストに登録されたCDNでないと使えないみたいです。

スタイルシートで@font-faceを使えば特に読込先に制限なくWEBフォントを読み込むことができるみたいです。

<link>タグで読込可能なCDN

以下のいずれかのCDNからの読み込みであれば<link>タグで読み込んでもエラーが出ずに使えるようです。

  • https://maxcdn.bootstrapcdn.com
  • https://use.fontawesome.com

本家から読み込んで解決

以下のページにあるFont-AwesomeのCDNのコードから読込をすることで無事解決できました。

<link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.7.2/css/all.css">

Google Search Consoleで再検査したところ有効なAMPページになりました。

前へ

2019年2月のWindows Update 月例ロールアップ (Windows10/8.1/7)

次へ

TeraTermの接続のデフォルト設定をSSHからTelnetに変更する方法