MixHostでphpinfoが403エラーになる原因は.htaccessだった

レンタルサーバーをMixHostに乗り換えました。

旧サーバーからファイルをMixHostにコピーして<?php echo phpinfo(); ?>を表示しようとしたら403エラー…。

.htaccessとcPanelでPHPのバージョンが相違していたのが原因

旧サーバーでは.htaccessに以下の記載がないとPHPは動きませんでした。MixHostでは不要な記載なのですが、移行後もこの記載を残したままにしていて、ここで指定しているPHPのバージョンをPHP5.6に設定していました。

AddHandler application/x-httpd-php56cgi .php

以下のようにバージョン設定が異なっているのが原因でした。

  • MixHostの管理画面「cPanel」「MultiPHPマネージャー」で設定しているバージョンはデフォルトの7.0
  • .htaccessではバージョンでは5.6を指定

削除またはコメントアウトで解決

「MultiPHPマネージャー」でバージョンを7.0→7.2に変更して、上記の.htaccessにある1行を削除、または行の先頭にを入れてコメントアウトしたら正常にphpinfo()が表示されました。

.htaccessMultiPHPマネージャーの両方でPHPのバージョンを指定して、5.0系または7.0系でそれぞれバージョンが0.1とか0.2とかの違いだとエラーは出ませんでしたが、.htaccessでバージョン指定する理由も特にないと思いますので、削除かコメントアウトしておくほうが無難です。

前へ

vsapint.sysのコピー中に必ずインストールが失敗する(ウィルスバスター Corp.)

次へ

MailStore HomeでIMAPから別サーバーのIMAPにメールを移行してみた