イライラ解消!Windows Updateが遅いときはKB3138612・KB3138615で速くなる?

速くなると言っても更新ファイルの確認の時間が早く済むということですが、2016年6月現在で最新のWindows Update Clientをインストールすると、数時間かかっていた更新ファイルの確認の時間が数十分~数分で済むようになりましたので、Windows Updateが遅くてイライラしている方はお試しください。

ダウンロードページ

Windows7(KB3138612)

Windows8.1(KB3138615)

バッチファイルでダウンロード&インストールするコマンド

Windows7(32bit)用のWindows Updateエージェント(KB3138612)をダウンロード、展開、インストールまでサイレントで行います。

md c:\InstallKB

bitsadmin.exe /transfer htmlget https://download.microsoft.com/download/E/4/7/E47FB37E-7443-4047-91F7-16DDDCF2955C/Windows6.1-KB3138612-x86.msu c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu

wusa.exe c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.msu /extract:c:\InstallKB

pkgmgr.exe /n:c:\InstallKB\Windows6.1-KB3138612-x86.xml /quiet

rd /s /q c:\InstallKB

最近のWindows Update Clientについて

このページは投稿時点のものです。最近のWindows Upadate Clientが気になるときは以下のリンク先をご参照ください。たまに見逃すことはありますが、新しいWindows Update Clientを見つけては投稿していますので、このページより新しいバージョンのWindows Update Clientが見つけやすいと思います。

前へ

リモートファイルをダウンロードするWindowsのコマンドbitsadmin(Linuxのwgetのようなやつ)

次へ

IEでIME 2010の警告が出るのをレジストリで防ぐ方法