3つのWindows11をダウンロードとインストールメディアを作成する方法

Windows11をインストールするためのブータブルUSBメモリやインストールディスクの作成に必要なISOファイルのダウンロード方法をメモ。

マイクロソフト公式サイトからのダウンロードや、それ以外の方法もあります。もし、マイクロソフト公式サイトからダウンロードできない状態であったり、ダウンロードに失敗する時にお役立ていただければと思います。

3つのWindows11のダウンロード方法

  1. 公式サイトからダウンロードする方法。
  2. フリーソフト「Microsoft Windows and Office ISO Download Tool」を使う方法。
  3. フリーソフト「Rufus」を使う方法。

1.公式サイトからダウンロードする方法。

まず、ISOファイルをダウンロードするためにマイクロソフト公式の「Windows 11をダウンロードする」にアクセスします。

Link

windows 11 をダウンロードする

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

ページを開いたら「Windows 11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」という項目まで、ページをスクロールします。

「Windows 11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」の項目で「Windows 11」を選択して「ダウンロード」をクリックし、次の画面に進みます。

次に「製品の言語の選択」の画面が現れるので、「日本語」を選択し、「確認」をクリックします。

ここでダウンロードボタンが現れるので、「64-bit ダウンロード」ボタンをクリックすると、ISOファイルのダウンロードが始まります。ちなみに、Windows11は64ビット版しかありません。32ビット版は存在していません。約5.11GBのファイルサイズがあるので、私の環境ではダウンロードに約12分かかりました。

ダウンロード後は以下の「Win11_Japanese_x64.iso」ファイルが保存場所にあるはずです。

2.フリーソフト「Microsoft Windows and Office ISO Download Tool」を使う方法。

このフリーソフトはインストール不要で、Windows11/10/8.1/7Office 2019/2016/2013/2010のインストールメディアのISOイメージをダウンロードできます。

まず、「Microsoft Windows and Office ISO Download Tool」ページにアクセスします。

Link

microsoft windows and office iso download tool

https://heidoc.net/joomla/technology-science/microsoft/67-microsoft-windows-and-office-iso-download-tool

ページの下の方にある「Download: Windows-ISO-Downloader.exe」からダウンロードします。

このソフトはインストール不要なので、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして起動します。

起動すると以下の画面が表示されます。

起動したら「Windows」タブにある「Windows10」をクリックし、「エディションの選択」のリストを開きます。このリストにWindowsw11が含まれています。

表示された一覧からご希望の「Windows11」のエディションを選択します。

Windows11を選択したら、「確認」をクリックします。

「製品の言語の選択」の項目が表示されるので、「日本語」を選択し、「確認」をクリックします。

次に現れる「64-bitダウンロード」ボタンをクリックします。

以下のダイアログが表示されるので「保存」をクリックし、保存場所を選択する画面を開きます。

任意の保存先のフォルダを選択して、「保存」をクリックするとISOファイルのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、保存先に「Win11_Japanese_x64v1.iso」というファイルがあるはずです。

関連ブログ

3.フリーソフト「Rufus」を使う方法。

Rufus」はISOファイルからブータブルUSBメモリやブータブルCD/DVDを簡単に作成できるフリーソフトです。ここではWindows11のISOファイルダウンロードからWindows11インストール用ブータブルUSBメモリを作成する手順を説明します。

まず、「Rufus」のサイトにアクセスします。

Link

rufus - 起動可能なusbドライブを簡単に作成できます

https://rufus.ie/ja/

以下の部分のリンクからダウンロードします。インストールせずに使いたい場合は「Portable」を記載のあるポータブル版をダウンロードしてください。インストール版との違いはWindowsのスタートメニューに登録されるかどうかで、機能の違いは特にありません。

インストールまたはポータブル版を起動したら、「選択」というボタンをクリックして「ダウンロード」をクリックします。ブータブルUSBメモリ化させるUSBメモリを挿しておく必要があります。USBメモリが接続されていないと、選択欄に「ダウンロード」ボタンが表示されません。

再度「ダウンロード」ボタンをクリックします。

バージョン欄「Windows11」を選択します。

「続ける」をクリックします。

次に、リリース欄でご希望のバージョン(ビルド)を選択し、「続ける」をクリックします。ここでは現時点で最新の「21H2(Build 220000.194-2021.10)」を選択しました。

次はエディション欄でご希望のエディションを選択し、「続ける」をクリックします。ここでは「Windows 11 Home/Pro/Edu」を選択しました。

次は言語欄「日本語」を選択して。「続ける」をクリックします。

ここで、アーキテクチャ欄が現れるので「x64」を選択し、「ブラウザを使ってダウンロードする」にチェックを入れ、「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ブラウザが起動しWindows11のISOファイルのダウンロードが始まります。

「ブラウザを使ってダウンロードする」にチェックなしの場合は、ダウンロード後、そのままブータブルUSBメモリの作成が始まります。

ダウンロードが終了すると、ダウンロード先に「Win11_Japanese_x64.iso」というファイルがあるはずです。

ダウンロードのみで良ければ、「閉じる」ボタンを押して終了します。

そのままインストール用のUSBメモリを作成したい場合は、「ダウンロード」ボタンを「選択」に戻して、ダウンロードしたISOファイルを指定し、「スタート」ボタンをクリックすれば、ブータブルUSBメモリを作成できます。

2つのインストールUSBメモリ作成方法

Windowsのデスクトップ上からWindows11をインストールするのであれば、『インストールアシスタント』を使うが簡単ですが、ここでは、他のPCにインストールする際のUSBメモリの作成方法を説明します。他の手段としてインストールDVDディスクを作成する手段もありますが、ここでは説明を省きます。

  1. 公式サイトの「インストールメディア作成ツール」を使う方法。
  2. フリーソフト「Rufas」を使う方法。

1.公式サイトのインストールメディア作成ツールを使う方法。

まず、「メディア作成ツール」をダウンロードするためにマイクロソフト公式の「Windows 11をダウンロードする」にアクセスします。

Link

windows 11 をダウンロードする

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

ページを開いたら「Windows 11 のインストール メディアを作成する」という項目まで、ページをスクロールし、「今すぐダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了すると、保存先には以下の「MediaCreationToolW11.exe」があるはずです。これをダブルクリックします。

起動に少し時間がかかりますので、しばらく待ちます。

「同意する」をクリック。

「次へ」をクリック。「このPCにおすすめのオプションを使う 」のチェックを外すと、言語を変更できるようになります。

「USBフラッシュドライブ」を選択して、ここでUSBメモリ(8GB以上)をPCに挿します。そして、「次へ」をクリックします。

いくつかのドライブが表示されますが、インストールUSBメモリとして使用するPCに挿したUSBメモリを選択します。

Windows11のダウンロードが開始されるので、完了するまでしばらく待ちます。回線や込み具合にもよると思いますが、私の環境(フレッツ光・マンションタイプ)では約15分くらいかかりました。

ダウンロードが完了すると、自動的に「次へ」進み、以下の画面で出るので「完了」

をクリックすると、ツールが終了し画面が閉じられます。

USBメモリを一度抜き、挿し直します。するとPCのフォルダに「ESD-USB」というのが表示されるかと思います。これがWindows11のインストール用USBメモリとなります。このUSBからPCをブートしてインストールすることもできます。

このUSBメモリをダブルクリックして開くと、以下のファイルがあると思います。この中の「setup.exe」がWindows11のインストーラーです。

これでUSBメモリの作成は以上です。

このままインストールする場合は、「setup.exe」をダブルクリックすると、以下のインストール画面が表示されるので、画面の指示に従ってインストールします。

2.フリーソフト「Rufus」を使う方法。

USBメモリをPCに挿した状態でRufusを起動します。以下は「Rufus」のページからダウンロードしたポータブル版です。これをダブルクリックします。

対象のUSBメモリが選択されていることを確認し、「選択」をクリックします。

インストールUSBの元となるISOファイルを指定する画面が現れるので、Windows11のISOファイルを選択して「開く」をクリックします。

特に設定を変更せず、「スタート」をクリックします。

補足:TPM2.0 / セキュアーブートを無視する設定も可能

Windows11はハードウェアの必須要件として、TPM2.0セキュアブートが使えるパソコンでないとインストールすることができませんが、要件を満たしていない古いPCや仮想マシンなどにインストールしたい場合など、以下の「イメージオプション」を選択することにより、インストール時のハードウェアチェックを無効にしたインストールUSBメモリを作成することができます。

「USBメモリの中身が全部消えますよ」という警告が出ますが、「OK」をクリックします。

USBメモリへの書込みが始まるので、終了するまで待ちます。USBメモリの書込み性能にもよると思いますが、私の場合、書込み完了まで約17分かかりました。

書込み完了。これでWindows11インストール用USBメモリの作成は完了です。「閉じる」をクリックしてRufusをします。

PCを開くと、以下のようになっているはずです。

このUSBメモリをダブルクリックして開くと、以下のファイルがあると思います。この中の「setup.exe」がWindows11のインストーラーです。

これでRufusによるUSBメモリの作成は以上です。

このままインストールする場合は、「setup.exe」をダブルクリックすると、以下のインストール画面が表示されるので、画面の指示に従ってインストールします。

以上。

PAGETOP