Windows Updateを実行するVBスクリプト「windowsupdate.vbs」

目次

スクリプトからWindows Update

Windows10のアップデートに時間がかかりすぎるので、スクリプトでサクッとアップデートできないかな?と前回「WUA_SearchDownloadInstall.vbs」を使用した方法を見つけてメモしましたが、他にもみつけたのでメモ。これもすべてのWindowsで使えるようです。

windowsupdate · github

https://gist.github.com/the-takeo/71c863327399f8761828dcfe21e59da1

まずはソースを.vbsで保存

上記のページあるソースをメモ帳などに貼り付け、WindowsUpdate.vbsなど、適当に .vbs を付けて保存します。

コマンドプロンプトからcscriptで呼び出す

上記のWindowsUpdate.vbsを管理者として起動したコマンドプロンプトからcscriptで呼び出して実行します。

WindowsUpdate.vbsをCドライブ直下に保存していた場合

cscript "c:\WindowsUpdate.vbs"

これだけで実行できます。

重要な更新プログラムのみインストールする設定になっている

オプションの更新プログラムなどは除き、重要な更新プログラムのみをインストールする設定になっています。以下のコードはその部分になります。

updateSearcher.Search("IsInstalled=0 and Type='Software' and AutoSelectOnWebSites=1")

パラメーターの意味

パラメーター 意味
IsInstalled=0 インストールされていない更新プログラムを対象にする
Type='Software' 更新プログラムが対象
AutoSelectOnWebSites=1 重要な更新プログラムのみを適用
パラメーターの参考サイト

その他類似のスクリプトの参考サイト

windows updateを行うためのpowershellスクリプト – osakana taroのメモ帳

https://blog.osakana.net/archives/8270

面倒な“windows 10の更新”をスクリプト化できる新たな選択肢(その1):企業ユーザーに贈るwindows 10への乗り換え案内(29) - @it

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1808/06/news012.html

windows updateをフルオートで完了するバッチスクリプト - qiita

http://qiita.com/Marukaziler/items/54bfbf054a372328be3f

前へ

Windows Updateを実行するVBスクリプト「WUA_SearchDownloadInstall.vbs」

次へ

2019年11月 Windows Update 月例ロールアップの一覧とダウンロードリンク(Windows10/8.1/7)