Chromium系のブラウザなら画像・Youtube動画の遅延読み込みができるらしい

loading="lazy"の追加で遅延読み込みができる?!

WEBページの表示を高速するための手段としてよく使われる遅延表示(Lazyload)ですが、以下のサイトの情報によると、最近のGoogle Chromeや新しいEdgeなどのChromium系のブラウザならJavascriptを使わなくても<img>やYouTube動画の埋め込みコードに使われている<iframe>loading="lazy"を追加するだけ遅延表示ができるらいです。Firefoxも同じ使い方で遅延表示ができるみたいです。

webサイトの表示速度を改善する非同期・遅延読み込みまとめ | 福岡のホームページ制作会社・メディア総研株式会社 マグネッツ事業部

https://magnets.jp/web_design/11505/

PAGETOP