Windows10へ移行を促す通知を表示する更新プログラムKB4524752(Windows7)

サポート終了をお知らせするための更新プログラムKB4524752

2020/01/14で延長サポートが終了するWindows7ですが、MicrosoftはWindows 7 Professional向けにサポート終了をお知らせする通知画面を表示するための更新プログラムKB4524752を2019/10/25に配信しました。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4524752/windows-7-sp1-support-notification-for-windows-7-professional

以前にもこんなことがありましたね。そのときは問答無用でWindows10にアップグレードされるとか迷惑なことが起こりましたね。今回はそのようなことはなさそうです。

こんな通知画面が表示されるようになる

表示されるタイミングはよくわかりませんが、KB4524752を適用すると以下の画面が表示されるようになります。

表示を無効化するレジストリ

「今後、このメッセージを表示しない」にチェックを入れることで表示されないようにできるのですが、レジストリで完全に表示やアップグレードを無効化することができます。これは以前にWindows10に無断でアップグレードされないようにしたときと同じ方法です。

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Gwx
値の名前 DisableGwx
タイプ REG_DWORD
値のデータ 1
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate
値の名前 DisableOSUpgrade
タイプ REG_DWORD
値のデータ 1

レジストリを登録するコマンド

以下のコマンドで上記のレジストリを登録することができます。コマンドプロンプトは管理者で起動してください。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\Gwx /t REG_DWORD /v DisableGwx /d 1 /f
reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate /t REG_DWORD /v DisableOSUpgrade /d 1 /f

アンインストール(削除)は非推奨らしいけどそもそも入れたくない

アンインストール(削除)しても次回のWindows Updateのスキャンで再度ダウンロードされるため、アンインストール(削除)はしない方がいいとマイクロソフトは言っていますが、こんな不要なものは最初から非表示にしてインストールしない方がいいので、自動で勝手に入ってしまった場合は、一度削除して再度インストールされそうになったらその時点で非表示しましょう。

PAGETOP