Windows 10 Enterprise 2016 LTSB インストール直後に入れる更新プログラムの候補

オンラインだと終わる気配のないWindows Update

Windows 10 Enterprise 2016 LTSB (バージョン1607)をクリーンインストールした直後、オンラインでWindows Updateをするとめちゃくちゃ時間がかかることあります。それを回避するため、あらかじめ更新プログラムをダウンロードしてオフライン状態でインストールすれば時間短縮になります。そこで現時点で最低限これをオフラインで入れておけば後のオンラインによるWindows Updateがスムーズに行くのではないかと思われる更新プログラムをメモ。

そこでオフラインで真っ先に入れる更新プログラム

2019/10/09現在

KB番号 更新プログラム名 Windows Updateカタログ 64bit用 32bit用
KB4486129 Windows 10 Version 1607 用 Microsoft .NET Framework 4.8 検索結果 ダウンロード ダウンロード
KB4494175 2019-08 Windows 10 Version 1607 更新プログラム 検索結果 ダウンロード ダウンロード
KB4516115 2019-09 Windows 10 Version 1607 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) 検索結果 ダウンロード ダウンロード
KB4521858 2019-10 Windows 10 Version 1607 用のサービス スタック更新プログラム 検索結果 ダウンロード ダウンロード
KB4519998 2019-10 Windows 10 Version 1607 の累積更新プログラム 検索結果 ダウンロード ダウンロード
KB4524095 2019-10_.NET Framework 4.8 の累積的な更新プログラム 検索結果 ダウンロード ダウンロード

その後にオンラインでアップデートされるKB

重複して降ってくるやつがある

上記の更新プログラムをオフラインでインストールしても、後のオンラインアップデートで重複して降ってくる物がありますが、対処方法がわからないのであきらめてインストールが終わるのを待ちましょう。

オンラインでしか入らないやつ

以下の二つはWindows Updateカタログで探しても見つかりませんでした。オンラインでしか入らないみたいです。これも時間がかかりますが対象方法が見当たらないのであきらめましょう。

コマンドからインストールする方法

以下のページに、オフラインでサクッとインストールする方法を書いています。

Windows Updateでダウンロードされた更新プログラムの格納先

オンラインでアップデートする際にダウンロードされたKBは以下のフォルダに格納されています。Windows UpdateカタログでダウンロードできないKBがこの中にありました。この中のCABファイルを使ったDismコマンドでのインストールに挑戦しましたが失敗しました。PkgmgrコマンドからXMLファイルを指定してインストールする方法もあった気がしますが試していません。

PAGETOP